1. 美容情報トップ
  2. ビューティ
  3. もしかしてこれって、更年期?
  4. VOL.1:私流メノポーズとのつきあい方

山本さんの“山本浩未流ハッピーメイク”

メイクポイントは「影を消す」「線を強化する」の2点

顔つきの老化はすべての人が経験すること。まず気になるのは顔の中の影、くすみやシミです。2つ目は顔の線が弱くなること。目力が弱くなって、唇の輪郭やベースラインがたるんできます。ですので、アラフォー世代のメイクポイントは「影を消して、線を強化する」の2点なのです。くすみなど「面の影」には化粧下地のコントロールカラーが効果的。肌色全体を明るくするものを選んでください。シミなどの「点の影」はペンシルタイプ、ほうれい線やしわなど「線の影」は筆ペンタイプのコンシーラーでカバーしてからパウダーで蓋をします。何となく疲れて見えるときは発色の良い鮮やかなチークをさっと、ひとはけするのもお勧めです。
線の強化ポイントはアイライナーとリップライン。アイライナーはペンシル、リキッドなど質感違いの2種類を組み合わせてください。濃淡でラインがキレイに出るほか、定着力が強くなり落ちにくくなります。口元のライン強化の必須アイテムはリップペンシルです。ペンシルでラインを起こし必ずぼかしてから、唇の輪郭線の外側に沿ってハイライトを入れます。コントラストが際立ち、きゅっと上がって見えますよ。

Kirei Style更年期セミナーゲスト:山本浩未さん

鏡を使って第三者目線で最終チェック!

海野さんから拡大鏡の話がありましたが、私からは普通の倍率の鏡の使い方のアドバイスを1つ。メイクの最終チェックでは普通の手鏡を持って腕をいっぱいに前に伸ばして、顔を映してみます。こうやって見た自分の像が「第三者から見た私」なんですね。皆さん「シミが気になる、小じわがイヤ」って言うんですけど、そんなの誰も見ていません。腕をいっぱいに伸ばしてチェックをして、それでキレイなら大丈夫なんです。手元でシミが見えても気にしない!

メイクは目の錯覚です。でも、その錯覚は気持ちの錯覚につながります。だからメイクは私たち大人の女性の力になってくれるんです。血色が良くて影がなくて線が強いだけで、気持ちが前向きになるでしょう?

若いときのメイクは、社会や異性の目など周りを意識しがちでしたが、年齢を重ねてからのメイクは、自分を愛する、慈しむという側面が強くなる気がします。メイクを通じた自分とのやり取りを楽しみながら、気持ちを盛り上げていきましょう。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ