1. 美容情報トップ
  2. 女性のための通販・ショッピング

『グルメ・お酒』アイテムをさらにチェック!

カゴメ カゴメゆっくり味わう畑のごほうび(野菜・果実 ミックスジュース)

【商品番号】  592775

¥8,100  (税込)

色・サイズを確認する

在庫を確認する

<カゴメ>より、「ゆっくり味わう野菜のごほうび(野菜飲料)」のご紹介です。
ショップチャンネルと<カゴメ>が共同開発した、5種類の国産野菜とりんごを使用した、あらごし感のある特別な野菜・果実ミックスジュース(レモンは海外産)。
“生産者に大切に育てられた日本の農産物のおいしさを、贅沢に味わってもらいたい”という思いのもと、ショップチャンネルのお客様のために、徹底的にこだわり、ようやく完成しました。
つくり手の思いが詰まった、畑からのごほうびを、ぜひゆっくりとお楽しみください。
【ショップチャンネルのお客様のために作った特別な野菜飲料】<カゴメ>の野菜ジュースは、種や土壌づくりから農産物の栽培、収穫、加工、ブレンド、充填、配送に至るまで、長い時間をかけて、皆様のもとへお届けしています。
そうして届けられる野菜ジュースは、商品に関わる一人一人のこだわりと努力、思いが結集しています。
しかし、商品パッケージや広告だけでは、その思いを十分にお伝えすることができません。
そこで、商品の価値を丁寧にお伝えできるテレビ通販であれば、より多くのつくり手の思いをもっとリアルにお届けできるのではないかと考えました。
そんな思いを共有したショップチャンネルと<カゴメ>は、タッグを組んで新商品の開発をスタート。
“生産者に大切に育てられた日本の農産物のおいしさを、贅沢に味わってもらいたい”という思いのもと試作を重ね、上質な暮らしを求められるショップチャンネルのお客様のために、納得のいくおいしさやパッケージデザイン、ネーミングに至るまで徹底的にこだわり、約1年の歳月をかけ、ようやく完成しました。
【1本にぎゅぎゅっと! おいしさを凝縮】1日に必要な野菜量は350g(厚生労働省 健康日本21:1日の野菜量の摂取目標値)とされていますが、日本人の摂取量は平均293gと約57gが不足しているといわれています(厚生労働省 「国民健康・栄養調査」2014年)。
本商品は1本に約112gの野菜を使用し、毎日おいしく飲み続けられ、野菜感もしっかりと味わっていただける、あらごしタイプの野菜・果実ミックスジュース。
ご家庭で野菜をジューサーにかけているような手づくり感のある飲み心地と、野菜のプロが選び抜いた野菜と果物を使用した、贅沢なおいしさをお楽しみください。
野菜汁約70%+果汁約30%という割合。
りんごジュースを加えることで、野菜をしっかりと味わいながらも、飲みやすくおいしく召し上がっていただけるように試行錯誤しました。
<カゴメ>の長年の技術を結集して作り上げました。
【国産原料へのこだわり】おいしさと味わいの良さにこだわり、<カゴメ>社員が農家と二人三脚でおいしさと品質を作り上げています。
<こだわり国産素材のおいしさを引き出した、素材本来の味わい>余計なものは加えない、だからこそ確かな素材(5種の野菜とりんご)をシンプルに厳選しました。
砂糖、食塩はもちろん、香料も不使用。
素材本来のおいしさをお楽しみください。
※レモンは海外産(アルゼンチン、イタリア、南アフリカなど)を使用<手しぼりホームメイド感のある、あらごし食感><カゴメ>独自素材の人参とトマトの繊維質に、りんごのあらごしピューレを加えました。
硬さ、大きさの異なる3つの素材を組み合わせることで、まるで自宅で手しぼりしたような飲み心地を実現しています。
あらごしを表現するために、通常は人参の繊維質のみを使用することが多い中、このように3つの素材を組み合わせたのは<カゴメ>でもはじめての試み。
このあらごし食感を楽しんでいただくため、あえて缶容器を採用しました。
ストロー付きの紙容器では、機械に詰まってしまい充填ができません。
【原料へのこだわり〜<カゴメ>の歴史は生産者との歩みの歴史〜】<カゴメ国内契約栽培で育てられた5種の野菜を使用><カゴメ>国内契約によって育てられた人参、トマト、プチヴェール、小松菜、ビートを使用。
“畑は第一の工場”という考えのもと、<カゴメ>のフィールドマンが直接生産者を定期的に訪れ、農薬の管理、栽培のお手伝いや指導など、おいしい野菜を作るために二人三脚で取り組んでいます。
丁寧に育てられた、<カゴメ>の厳しい品質基準をクリアーした野菜のみを使用しています。
<人参へのこだわり(カゴメ契約栽培)>寒い冬に甘みと栄養を蓄えた国産冬人参を厳選。
人参は糖度が高いにもかかわらず、特有の香りによって、苦手と感じる方が多い野菜。
“カロテンなどの栄養豊富な人参をもっとたくさんの方に、おいしく飲んでいただきたい”という考えから生まれたのが、<カゴメ>の“フレッシュスクイーズ製法”です。
フレッシュスクイーズ製法とは、熱をかけずにやさしく、ゆっくりつぶしながら搾っていく技術。
これにより雑味が少なく、身体にすっとしみ込んでいくようなおいしさが実現しました。
こうして育てられた人参は、本商品のベースとして使用しているほか、あらごし食感を出すための繊維質も使用するなど、フル活用されています。
<トマトへのこだわり(カゴメ契約栽培)><カゴメ>は約7,500種類のトマトの種を保有しており、その規模は民間企業では世界有数。
そんな長年の研究から生まれたジュースに最適なトマト“凜々子(りりこ)”を使用しています。
食用のトマトは一般的にピンク色ですが、凜々子は中まで真っ赤になります。
その源であるリコピン量は、生食用トマトの約2〜3倍も含まれています(メーカー調べ)。
本商品には、あらごし感を出すためのベースとしてトマトの繊維質を使用しました。
<プチヴェールへのこだわり(カゴメ契約栽培)>プチヴェールとはケールとメキャベツの交配種で、カルシウムや−カロテンが豊富な緑黄色野菜。
冬に収穫された甘みの強いものを厳選し、<カゴメ>の富士見工場(長野県)で加工しています。
後味に少し感じるほろ苦い味わいはプチヴェールのもので、人参やりんごの甘さにアクセントを加えています。
<小松菜へのこだわり(カゴメ契約栽培)>通常の生食用小松菜と比較して生育日数を1.5倍程度長くし、さらに株間を広く取る(通常は3〜6cm程度ですが、8〜10cm程度)など工夫することで、時間はかかりますが、大株でおいしい小松菜を育てています。
<りんごへのこだわり>原料メーカーにて入荷ごとに外観、糖度などのチェックを行い、合格したものだけを受け入れて使用。
りんご本来の香り、コクを味わっていただくために“ギナー搾汁”という、ゆる搾りの特別製法で、裏ごしした果肉を細かい網版でふるいにかけるようにそっと搾りました。
濁度のあるリンゴ果汁を搾ることができ、贅沢な味わいを実現しています。
【パッケージデザインへのこだわり】ショップチャンネルならではの“シンプル×華やかなデザイン”にしています。
(1)上質でかわいらしい世界観華やかなシャンパンゴールドの缶地に、やさしいタッチで野菜のイラストを描きました。
丁寧に育てられた畑からのごちそうを大切に包み込むような上質な絵柄を目指しました。
50種類以上のデザイン案の中から、ショップチャンネルと<カゴメ>が共同で作り上げたこだわりのデザインです。
(2)情報を削ぎ落としたシンプルなパッケージ店頭向けの野菜ジュースは、お客様に気付いて手に取ってもらうためにも、パッケージでアピールをします。
するとデザインはどうしても派手になり、たくさんの情報を表現することに。
本商品のおいしさやこだわりは、テレビを通して丁寧にお伝えすることができるため、シンプルに仕上げました。
まさに、テレビショッピングだから成し得たデザイン。
(3)ケースで届いても、ライフスタイルに溶け込むデザインご自身やご家族の健康維持には、毎日の食生活の積み重ねが大切。
続けていただけるよう1ヶ月分(30本)1ケース単位でお届けします。
商品を包む段ボールも、そのまま部屋にも置いておけるようなデザインにしました。
冷蔵庫にご家族の分を並べてもシンプルで華やかなため、ライフスタイルの中に溶け込みます。
【<カゴメ>について】<カゴメ>の事業は、自然の恵みである“農産物の価値”を活かすことに立脚してきました。
人の健康に貢献するための研究開発、品種開発や加工技術の開発の他、トマトにおいては農業から調達、生産、加工、販売と一貫したバリューチェーンを持った企業として、日本を中心に世界各地で“価値ある商品”をお届けしています。
<カゴメのはじまりは農家。
トマトの発芽とともに創業>創業の地は愛知県東海市荒尾町(当時は知多郡荒尾村)。
1899(明治32)年、創業者の蟹江一太郎が軍隊時代の上官の言葉をヒントに、トマトをはじめとする西洋野菜の栽培に着手。
最初の発芽をみました。
その後1903(明治36)年、自宅の納屋でトマトソースの製造を開始。
それ以来、100年以上にわたり、自然のめぐみを大切に事業を進めてきました。
<日本の緑黄色野菜消費量の約11.9%をカゴメが供給>日本の緑黄色野菜消費量415万トンのうち、<カゴメ>の緑黄色野菜供給量は約49.4万トン。
約11.9%を供給しています。
トマトについては、28.8%、人参は15.2%、色の濃い緑黄色野菜にこだわって提供しています。
※農林水産省「食料需給表」(平成26年度版)、「野菜生産出荷統計」(平成26年)、財務省「貿易統計」(平成26年)、カゴメの供給量は平成26年使用実績をもとに算出<カゴメは野菜飲料の国内シェアNo.1!><カゴメ>の野菜飲料は国内シェアNo.1。
皆様に選ばれている安心のブランドです。
※出典:インテージSRI/野菜飲料カテゴリー市場(ドライ・チルド)/2016年3月〜2017年2月 金額シェア/全国/業態(SM・CVS・DRUG)【原材料】・野菜(にんじん、トマト、メキャベツ(プチヴェール)、小松菜、ビート)、果実(りんご、レモン)【保存方法】・直射日光を避けて保存【期限表示】・賞味期限:商品注文日より常温150日以上【梱包状態】・段ボール箱【栄養成分】<1本(160g)当たり>・エネルギー:48kcal、たんぱく質:0.7g、脂質:0g、炭水化物:12.0g(糖質=10.7g〔糖類:9.5g〕、食物繊維=0.9〜1.6g)、ナトリウム:15mg(食塩相当量=0.04g)、カルシウム:30mg、カリウム:290mg、ビタミンK:0〜17g、葉酸:3〜25g、−カロテン:1900〜5700g【同梱書類】・なし【注意事項】・野菜と果実の成分が沈殿することがありますが、品質には問題ありません。
・よく振って、こぼれないようお開けいただき、すぐお飲み下さい。
・容器内に飲み残しがあると、カビが生えることがあります。
【原料原産地】・にんじん、トマト、小松菜、プチヴェール、ビート、りんご:日本・レモン:アルゼンチン、イタリア、その他【加工地、原産国(地)】<加工地>・日本

『グルメ・お酒』アイテムをさらにチェック!

他の商品を探してみる


情報提供元およびサービス提供主体:ジュピターショップチャンネル株式会社

【免責事項】本ページはショップチャンネルで販売されている商品をご紹介しています。ここでの掲載価格と実際の販売価格が異なる場合もございますので、購入の際にはショップチャンネルサイトの商品詳細ページの情報をよくご確認ください。また、必ず利用規定等をご確認下さい。

なお、最新の商品情報は、ショップチャンネルサイトにてご確認ください。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ