1. 美容情報トップ
  2. 女性のための通販・ショッピング

『コレクターズ・お花』アイテムをさらにチェック!

キョウロクジョウ イロドリヤ 京・六条 彩や粒選星月菩提珠みかん珠紅玉髄入108玉念珠正絹頭房

色・サイズを確認する

在庫を確認する

伝統を重んじ、格式ある京念珠づくりを行う<京・六条 彩や(いろどりや)>より、京念珠のご紹介です。
数珠の本来の姿は108玉念珠ですが、時代の変化、生活の変化とともに変遷を重ね、さまざまな形の数珠が生まれ、使われるようになりました。
しかし多様化が進む現代だからこそ、当ブランドはあえて原点に立ち返り、108玉にこだわった数珠を企画しました。
仏教では、人間が生を受けてこの世界にいる限り、“煩悩”と呼ばれる苦しみ、妬み、悲しみを避けて通ることはできないとされ、その煩悩は108あるといわれています。
それらを一つ一つを乗り越えるため、108玉の数珠を持つことで心の安らぎを得られるように願いを込めました。

■本体:108玉を使用した本連念珠(ほんれんねんじゅ)です。
宗派に関係なく使用できる“八宗用”という形で仕立てました。
星月菩提珠は、楕円の“みかん珠”を採用しています。
“みかん珠”は玉と玉との間隔が狭く、しなやかな円形と繊細さが特徴です。
また、深い赤色が美しいめのうがポイントとなり、落ち着いた女性らしさを感じさせます。

■素材:(星月菩提珠)釈尊が悟りを開いたとされる菩提樹は、仏教と縁の深い木として大切にされてきました。
念珠の業界では、“木の実”を総称して“菩提珠”という言葉を用います。
“菩提珠”の中でも、名が知られている星月菩提珠を使用しました。
小さな斑点が“星”、大きな斑点が“月”に見えることから名付けられました。
最初は不均一な黒っぽい色の実です。
自然のものなので、色の濃淡はありますが、できるだけ近い色の玉を厳選した“粒選星月(つぶよりせいげつ)”と呼ばれるもののみを採用しました。
斑点は天然の模様で、表面から中心に続く線でできているため、消えることはありません。
使われていく中で、深い飴色に変化していく様子もお楽しみいただけます。
(紅玉髄)紅玉髄(べにぎょくずい)とも呼ばれる赤めのうは、仏教における宝石である七宝(しっぽう)の一つです。
星月菩提珠と同じように、仏教と縁の深い石として大切にされています。
(正絹頭房)“京都府伝統産業優秀技術者賞”を受賞した職人、松村稔(まつむらみのる)氏が所属する“宮脇房店”の正絹(しょうけん)の房をほどこしました。
京房ひもは、仏具や祭りなどさまざまな分野で装飾品として親しまれている京都の伝統工芸品で、なめらかな感触が特徴です。

■製造・加工:当ブランドはお客様に安心して末永くお使いいただけることを最優先にしています。
伝統工芸品において、職人の“技”はその人一人が生み出したものではありません。
数珠が日本に伝わって以来約1000年以上の時を越えて、その技術は伝承されてきました。
その時代ごとに創意工夫され、技術は向上し続けていますが、基本となる作業は何も変わっていません。
当ブランドは昔ながらの伝統的な工法による製造を今も続けています。
そのような取り組みが評価され、当ブランドの職人長である土屋瑞昭(つちやずいしょう)氏は、京都府知事より“京都府伝統産業優秀技術者賞”を授与されました。
数珠は、人が自身や大切な人の幸せを願うための、人と仏様を繋ぐ道具です。
工房のすべての職人が、技術以上に大切にしているのは、まだ見ぬ“お使いになる方”に想いをめぐらせ、その方の幸せを念じ、一連一連丹念に仕立てることです。
珠、糸、房、いずれも職人の技による手づくりの素材なので、すべてにおいて微妙な違いがあります。
そのことが手づくりの品ならではの“やさしい風合い”を醸し出しています。
職人達は指先に全神経を集中させ、素材の良さを最大に引き出すために糸を撚り、房を組んでいきます。
これこそが長年の経験に基づいた“職人芸”です。
【重量】・約40g【刻印】・なし【サイズ】・内周:51.5cm・最大幅:6.6mm・房長さ:14cm【使用素材】・房:正絹(染色)・房頭内側:紙【梱包】・専用箱あり(桐箱)・外寸:約縦27cm×横10cm×厚み3.5cm【その他】・個体差あり【原産国(地)】・日本製

『コレクターズ・お花』アイテムをさらにチェック!

他の商品を探してみる


情報提供元およびサービス提供主体:ジュピターショップチャンネル株式会社

【免責事項】本ページはショップチャンネルで販売されている商品をご紹介しています。ここでの掲載価格と実際の販売価格が異なる場合もございますので、購入の際にはショップチャンネルサイトの商品詳細ページの情報をよくご確認ください。また、必ず利用規定等をご確認下さい。

なお、最新の商品情報は、ショップチャンネルサイトにてご確認ください。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ