ハウス食品、子どもが普段食べている食事を六大栄養素に基づいて調査、8割の子どもに「新型栄養失調」のリスクあり、子どもの食を考える特別授業ムービー「満点栄養教室」を公開/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. ハウス食品、子どもが普段食べている食事を六大栄養素に基づいて調査、8割の子どもに「新型栄養失調」のリスクあり、子どもの食を考える特別授業ムービー「満点栄養教室」を公開

ハウス食品、子どもが普段食べている食事を六大栄養素に基づいて調査、8割の子どもに「新型栄養失調」のリスクあり、子どもの食を考える特別授業ムービー「満点栄養教室」を公開

2018年11月09日 19時27分配信  マイライフニュース

 ハウス食品は、「満点を、摂ろう。」キャンペーンを開始。子どもの食を考える特別授業ムービー「満点栄養教室」を10月29日から特設サイトおよび公式Youtubeチャンネルで公開した。

 このキャンペーンに合わせて同社では、日常的に3食しっかりと食べている6〜8歳の子どもを持つ母親を対象に、直近3日間に子どもが食べた料理の食材と分量について調査を実施。83%の子どもが「炭水化物」や「たんぱく質」「脂質」の三大栄養素は必要量を摂取できているものの、三大栄養素の働きを調整し助ける役割を果たす栄養素「ビタミン」、「ミネラル」、「食物繊維」をあまり摂取できていないことがわかった。

 「ビタミン」、「ミネラル」、「食物繊維」が慢性的に不足すると、新型栄養失調になるといわれていることから、現代の子どもたちにも新型栄養失調のリスクがあることが浮き彫りとなった(同社調べ(9月、25〜49歳で6〜8歳の子を持つ女性100名、WEB調査)。子どもが直近3日間に食べた食材の栄養素を計測し、「鉄」、「カルシウム」、「ビタミンA・B1・B2・C」、「食物繊維」のすべての栄養素の必要量を1日以下しか摂取できていない状態を新型栄養失調のリスクありと定義)。

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.