初めてのボーナスで「アングルポイズ」を購入した理由…/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 初めてのボーナスで「アングルポイズ」を購入した理由…

初めてのボーナスで「アングルポイズ」を購入した理由…

2018年11月06日 21時00分配信  roomie

初めてのボーナスで「アングルポイズ」を購入した理由…の画像:キレイスタイルニュース
店舗からネットまで、これだけモノが溢れているいま、“何を基準に”買い物をしていますか?

時間とお金を費やして購入したモノからは、その人が暮らしの中で大切にしたいことが見えてきます。

今回の主人公は、東京でひとり暮らしをする20代男性。社会人になり初めて受け取ったボーナスで手に入れたものは、伝統ある照明でした。 アングルポイズとの出会いは、大学時代に立ち読みした雑誌

このシルエットに、心を奪われました。

そう語る姿は、まるでおもちゃ売り場で目を輝かせる子どものよう。

大学時代、書店でふと立ち読みした雑誌で、彼は「アングルポイズ」に出会ったと話します。

伝統的な照明器具である「アングルポイズ」ですが、その歴史ある文脈は後から知ったもの。とにかくそのシルエット、佇まいに惹かれたそうです。

そうは言っても、大学時代なんて照明器具に3万円を使うほどの余裕はありません。

ウズウズしながらも時は流れ、社会人1年目。初めての「ボーナス」が振り込まれました。入金を確認するとすぐ、彼はマーガレットハウエル神南店へ向かいます。

当時出たばかりの「サクソンブルー」が、彼の目に留まりました。

購入して、そのまま抱えて持ち帰りました。最高の気分でしたね。

約3万円で購入した照明は、何を照らすのか

いつ見てもうっとりするデザイン。

バネやネジの無骨な部分は質実剛健さを感じさせるにもかかわらず、全体的にかわいいフォルム。そこが彼のお気に入りです。

少しだけ恥ずかしそうな表情をのぞかせながら、彼が口を開きました。

アングルポイズで照らすのは、決まってこのエリアなんです。

それは、レコードプレーヤーのあるテーブル。

テーブルの下には、大学時代からコツコツと集め、いまや300枚ほど集まったという「レコード」がずらりと並んでいます。

仕事から帰って疲れているときに、その300枚の中から気分の合うレコードを1枚チョイス。

部屋の電気を落とし、アングルポイズのみの明かりで。何をするわけでもなく、しっとり音楽を楽しむ。

この時間が至福だと、彼は話します。

この日はビートルズの『ラバー・ソウル』。

アングルポイズの光とともに、レコードの柔らかい音楽が、部屋中を包み込んでいました。

合わせて読みたい:

細部にこだわったマーガレット・ハウエルのランプ「アングルポイズType 75?」 - ROOMIE(ルーミー)

部屋も暮らしも手軽に変えてくれそうな「照明」アイデアまとめ|みんなの部屋 - ROOMIE(ルーミー)

マンガ『週末片付け家族』〜この家でグッタリ卒業できました〜 - ROOMIE(ルーミー)

    tsuzuki

    アクセスランキング

    最新ニュース

      【免責事項】
    • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
    • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
    • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

    読者エディター
    美の賢人ブログはこちら

    Copyright © bizki Inc. All rights reserved.