写真家・山谷祐介の「アトリエ山谷」展が吉祥寺のbook obscuraで開催中/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 写真家・山谷祐介の「アトリエ山谷」展が吉祥寺のbook

写真家・山谷祐介の「アトリエ山谷」展が吉祥寺のbook obscuraで開催中

2018年10月20日 13時00分配信  FASHION HEADLINE

写真家・山谷祐介の「アトリエ山谷」展が吉祥寺のbook obscuraで開催中の画像:キレイスタイルニュース 写真家・山谷祐介の「アトリエ山谷」展が吉祥寺のbook obscuraで開催中
写真家・山谷祐介の企画展「アトリエ山谷」が、東京・吉祥寺にある写真集専門の本屋ブックオブスキュラ(book obscura)で開催中。

山谷佑介の写真集の中でも長らく絶版になっていた『ground』(2014年/lemon books)と、『RAMA LAMA DING DONG』(2015年/self published)の2冊の再版をきっかけに行われる本展示では、山谷のアトリエにある物たちがbook obscuraに持ち込まれ、展示される。

1985年生まれの山谷は本展開催にあたり、以下メッセージを残している。
「写真を初めて早11年。最初の写真集『Tsugi no yoru e』から早5年。まだまだあまちゃんです。続けてこられたのは、写真の持つ冷たさに居心地の良さを感じているのかもしれません。この度book obscuraのお店を借りて私のアトリエ、と言っても自宅の2階ですが、を少し再現してみることにしました。自分の旧作や新作、作品を作る過程の諸々、なんとなく気になって買った本や小物、コマーシャルの仕事写真のスクラップなどなど。それは私が通って来た過去ではありますが、同時にそこには未来の作品の種が転がっていることでしょう。おそらく、きっと」。展示は11月12日まで。会期中には、写真家・草野庸子など様々なゲストを招いたトークイベントも予定されている。


【書籍情報】
新刊『ground』
写真:山谷佑介
出版:ギャラリー山谷
言語:英語
刊行:2018年
ソフトカバー/92ページ/220×260mm
価格:3,500円(1,000部限定)

【イベント情報】
アトリエ山谷
会期:10月18日〜11月13日
会場:book obscura
住所:三鷹市井の頭4-21-5 #103
時間:12:00〜20:00
定休日:火曜・水曜日

トークイベント
●第一夜「写真集の夜」
会期:10月27日
時間:18:00〜20:00
ゲスト:松本知己(T&M Projects/出版社)、山住貴志(イニュニック/印刷会社)

●第二夜「写真屋さんと写真家の夜」
会期:11月2日
時間:18:00〜20:00
ゲスト:草野庸子(写真家)、西村康(西村カメラ/写真屋)

●第三夜「初期衝動の夜」
会期:11月10日
時間:18:00〜20:00
ゲスト:小林孝行(flotsam books/本屋)、笹倉和広(SHIBUYA WWW/ライブハウス店長)
※いずれも定員15名(要予約)
※参加費500円+ドリンク500円
※ドリンクは飲み放題のお酒などを用意
※山谷祐介関連本『RAMA LAMA DING DONG』『ground』『Into the Light』を会期中にbook obscuraで購入の方は参加費500円が無料(ドリンク代のみ)

    アクセスランキング

    最新ニュース

      【免責事項】
    • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
    • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
    • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

    読者エディター
    美の賢人ブログはこちら

    Copyright © bizki Inc. All rights reserved.