Supership、あらゆる分野での事業拡大・新規事業の創出を目指すべくハイブリッドスタートアップを推進、データを活用した次世代インターネットへの挑戦も/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. Supership、あらゆる分野での事業拡大・新規事業の創出を目指すべくハイブリッドスタートアップを推進、データを活用した次世代インターネットへの挑戦も

Supership、あらゆる分野での事業拡大・新規事業の創出を目指すべくハイブリッドスタートアップを推進、データを活用した次世代インターネットへの挑戦も

2018年10月12日 21時30分配信  マイライフニュース

 Supershipは10月11日、インターネットの世界からリアル領域まであらゆる分野での事業拡大・新規事業の創出を目指すべく、グループが目指す方向性および成長戦略、これらを推進していくための新規M&Aと新規プロダクトについて説明する、事業戦略説明会を行った。また、同説明会では、特別セッションとして、「日本の未来を拓くスタートアップエコシステムとは?」と題し、内閣府 政策統括(科学技術・イノベーション担当)官付 企画官の石井芳明氏を招き、日本におけるスタートアップのエコシステムや大企業とスタートアップの具体的な連携とその試行錯誤、これからのスタートアップの成功の形について、Supershipの森岡康一社長と意見交換を行った。

 「当社は、デジタル広告・データコンサルティング・インターネットメディアなどのデータとテクノロジーを活用した事業を展開する、様々なスタートアップのM&A・合併によって2015年に誕生した」と、Supershipホールディングスの森岡社長が挨拶。「当社グループの売上高は、2015年度が150億円であったのに対し、昨年度は274億円と年平均35%の成長率を示した」と、順調に売り上げを伸ばしていると胸を張る。「当社の基盤は共創と位置づけ、2014年に打ち出したSyn.構想を推進したものの、様々な考えを持つ企業が協力し合いインターネット全体の価値を向上させていくということが非常に困難であった」と、Supership立ち上げ前に打ち出したSyn.構想がうまくいかなかった理由を解説。「しかし、Syn.構想を推進していく中で、企業は必要とするデータが得られることで、価値を高めることができることがわかった。そこで、データを軸足に据えたビジネスを展開していくことにした」と、同社が現在のビジネスを展開するに至った経緯を紹介した。

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.