社会人になって友だちはできるのか? 社会人からの友だちづくりのコツ/キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 社会人になって友だちはできるのか? 社会人からの友だちづくりのコツ

社会人になって友だちはできるのか? 社会人からの友だちづくりのコツ

2018年10月12日 13時10分配信  マイナビウーマン

社会人になって友だちはできるのか? 社会人からの友だちづくりのコツの画像:キレイスタイルニュース 社会人になって友だちはできるのか? 社会人からの友だちづくりのコツ
社会人生活を送る中で「なかなか友だちができない」という人がいます。社会人になるとさまざまな人と出会う機会が増えますが、友だち関係にまで発展するような人は少ないのかもしれませんね。では、社会人生活の中で友だちをつくるにはどうすればいいのでしょうか? 社会人が友だちをつくるコツについて、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞きました。■社会人になってから友だちはできる?社会人になり、新しい友だちができないどころか減ってしまうという人もいます。また、そもそも「友だちをつくる必要がない」と考える人もいますよね。そこで、「友だちができない理由」や「不要と考える心理」について解説します。◇社会人はなぜ友だちができにくいのか友だち関係を維持するには「友だちと接する時間」を捻出する必要があります。学生であれば学校の中で友だちと接する時間が自然とできますが、社会に出ると時間の調整が難しくなります。その結果、友だちと接する時間が減り、友だち関係が希薄になってしまうのです。また、同じく時間の調整がしづらいことが理由で、新しい友だちをつくることが難しくなります。もし自分が時間をうまくつくれたとしても、相手が時間をとれないと意味がないですよね。こうした理由から、社会に出ると友だちが減ったり、できなかったりするのです。◇友だちがいらない人の心理って?たとえば、友だちが必要だと考えている人は、友だちと過ごすことで元気になったり、自分の存在意義を確認したりしています。しかし友だちがいらない人は「友だちがいなくても自分の存在意義は変わらない」と考えており、友だちをつくる必要はないと感じているのです。そして、「友だちが必要」という考えが正しいわけではありません。恋人だけいればいいと思う人もいますし、恋人も友だちもいらないという人もいます。どの考え方であっても間違いではありませんし、正解でもないのです。■社会人になってから友だちをつくるメリット慌ただしい社会人生活を送っていると、次第に「友だちはいらないかも」という考えになりがち。しかし、社会人になってから友だちをつくることには、学生時代のそれとは違ったメリットがあります。学生時代からの友人は、趣味も合い共感性が高いなど、あらゆる方面で共通点があることが多いでしょう。一方、社会に出てからの友人は、共通点が少なくても「趣味がすごく合う」「仕事の考え方がすごく合う」など、ひとつの方向に抜きん出て気の合う関係になりやすいのが特徴です。つまり「専門性のある友人」になりやすいので、自分の趣味・嗜好をともに作り上げていくことができるでしょう。また、特定の分野以外は無理に交流する必要がないのもメリット。つかず離れずの気楽な関係になりやすいのです。■社会人が友だちをつくる4つの方法

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.