フルーツ好きに朗報♪ 今年はぶどうの当たり年!/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. フルーツ好きに朗報♪ 今年はぶどうの当たり年!

フルーツ好きに朗報♪ 今年はぶどうの当たり年!

2018年10月12日 11時50分配信  シティリビングWeb

フルーツ好きに朗報♪ 今年はぶどうの当たり年!の画像:キレイスタイルニュース
秋の味覚と言えば“ぶどう”。猛暑が続いた今年は例年よりも糖度が高い出来映えで、まさにぶどうの当たり年! 先日、そんなぶどうの食べ比べができる「葡萄まつり2018」が開催されました。日本国内では100種以上の品種が栽培されていると言われていますが、今年の注目は? その味わいの違いとは?
この葡萄まつりを主催したのは「FRUIT LOVERS LIFE」。フルーツが大好きなメンバーによって発足され、旬のフルーツを楽しむ企画や情報発信をしています。今回の葡萄まつりは桃やイチゴ、国産マンゴーなどに続く5回目。
●大粒・種なし・皮ごと食べられる・キレイな黄緑色

まずは山梨県産の品種から。栽培されているのは、ピオーネ、シャインマスカット、甲斐路(かいじ)など。人気急上昇中なのは、何と言ってもシャインマスカット! 大粒で種がなく、皮ごと食べられてとても甘いんです! マスカットの香りも高く、色味も美しいことからデザートにもよく使われています。山梨では新品種の開発にも力を入れ、現在は「赤いシャインマスカット」づくりに挑戦中とか。
●ジワジワと産地を拡大中。長野生まれの大注目品種とは…
全国でぶどうの生産量2位に君臨するのが長野県。注目したいのは長野生まれの「ナガノパープル」です。黒いぶどうの「巨峰」と赤いぶどうの「リザマート」を交配したオリジナル品種で、種がなく皮ごと食べられます。シャインマスカットと比べると食べたときに少し皮の存在感を感じますが、黒いぶどうで皮ごと食べられるのは珍しい! ぷるんとした果肉の歯触りも絶妙です。 今までは長野県内のみの栽培でしたが、今年の4月から他県での栽培も始まったそう。憧れのナガノパープルがグッと手に入れやすくなるのも、もうすぐです!

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.