富士フイルム、「ビフィズス菌 BB−12」配合の機能性表示食品「ビフィズス菌・BB−12」をリニューアル発売/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 美容・コスメ
  5. 富士フイルム、「ビフィズス菌

富士フイルム、「ビフィズス菌 BB−12」配合の機能性表示食品「ビフィズス菌・BB−12」をリニューアル発売

2018年10月11日 14時55分配信  マイライフニュース

 富士フイルムは、「ビフィズス菌・BB−12」を機能性表示食品として11月12日からリニューアル発売する。同製品は、生きて腸まで届いておなかの調子を整え、お通じを改善する機能性が報告されている機能性関与成分「ビフィズス菌 BB−12(B.lactis)」を、1日の摂取目安量1包あたりに10億個配合しているとのこと。便通で悩む人や、腸内環境をケアして健康的な毎日を過ごしたい人におすすめとなっている。

 昨今、腸内環境と健康の関係性が注目されている。同社はこれまで、腸内環境に着目した研究を実施し、腸内フローラ(腸を構成する小腸や大腸に常在している正常な細菌叢(微生物群)。顕微鏡で腸の中を覗くと、花畑([英]flora)」のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれる)と免疫の関係性などを明らかにしてきた(科学雑誌「PLOS ONE 2015」(Oda,Y.et al.,PLOS ONE,2015)より)。

 20代以降の多くの女性が抱える健康の悩みの1つである便通悩み(お通じが出にくいと感じること)は、腸内環境の乱れが影響しており、加齢に伴い男女ともに便通に悩む人の割合が増える傾向があるという(厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」より)。腸内環境を良好に保つためには、腸内細菌のバランスが大事だといわれているが、腸内で有用な働きをするビフィズス菌は加齢とともに減少することが知られている。腸内のビフィズス菌を増やして腸内細菌のバランスを保ち、腸内環境を整えることは便通の改善に繋がり、体の内側から健康になることが期待できるという。

アクセスランキング

美容・コスメの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.