薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. 薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答

薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答

2018年10月10日 19時45分配信  マイライフニュース

 そして、この自毛植毛の手術を体験したお笑い芸人のシマウマフックが登場。実際に手術を受けたシマダネズミさんに、相方のやかべヒトさんが質問していく流れでトークショーを行った。髪の毛が薄くなった時期などを質問するやかべさん。「21歳の時に、おでこが広くなっていることに気づいた。最も衝撃を受けたのが、教育実習先のホテルで髪の毛を洗っていた時。大量の毛が抜けていて、唖然としたのだが、当時は慣れない環境によるストレスだと思っていた。しかし、教育実習後も抜け毛の量が減ることもなく、前髪がM字状態で脱毛していく姿に、若ハゲなのだと実感した」と、若ハゲを実感した時の生々しいエピソードを紹介するシマダさん。「前髪で若ハゲを隠すために、時間をかけて髪をセットしていた」という。そのため、やかべさんも「相方が若ハゲで苦労しているとは思わなかった」と、周りの人に若ハゲであることを隠し通せてきたのだという。「しかし、ふと思い立ったら若ハゲになっていたので、心の準備が整わないまま、やがてコンプレックスとなっていった」と、自分がまさかこの若さで薄毛になってしまうとは思わなかったという。「シャンプーなどで髪をケアしてみたが、効果を得られなかった」と、日に日に薄くなっていったと語っていた。

アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.