薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. 薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答

薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答

2018年10月10日 19時45分配信  マイライフニュース

 「そこで当社では、独自に自毛植毛という施術を開発した。自毛植毛は、後頭部、側頭部から元気な髪の毛を採取。この髪の毛をDHTの影響を受けやすい髪の薄い箇所に移植する治療法。自然な薄毛治療を実現している」と、独自開発の技術について解説。「手術は、独自開発した0.8mmの極細チューブパンチを用いて、毛根単位で髪の毛を採取する。さらに極細の0.6mmのパンチを用いて、採取した髪の毛を植える毛穴を作成する。作成した0.6mmの毛穴に、採取した0.8mmの髪の毛を、空気圧でしっかりと植え込む」と、3段階で自分の髪の毛を移植していくのだと教えてくれた。「移植した髪の毛は、もともとDHTの影響を受けない髪の毛のため、脱毛してしまうこともなく、抜けてももう一度生えてくる」と、その場限りの移植ではなく、しっかり自生するのだと訴える。「手術後に、特別な薬を服用することもないので、ランニングコストもかからない」とのこと。「自分の毛を移植するので、個人差もない点も特徴だ」と、ある患者の髪の毛は抜け落ちてしまうということもないとのこと。「移植した後頭部、側頭部の髪は、もう生えてくることはないため、まばらに髪を採取し、移植するようにしている」と、採取した箇所が目立たないようにして、薄くなった箇所に移植していると話していた。

アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.