薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. 薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答

薄毛改善の救世主として注目される自毛植毛とは、若手芸人シマウマフックが自らの体験をもとに自毛植毛に関する様々な疑問に回答

2018年10月10日 19時45分配信  マイライフニュース

 10月20日の“頭髪の日”を記念して、10月9日に、あるTV番組の企画で自毛植毛の手術を受けた若手芸人シマウマフックをゲストに迎え、手術後6ヵ月でどの程度髪が成長したかなど、自毛植毛に関する経過報告会を行った。

 「男性の脱毛には様々な状態があり、ヘアラインの後退が軽度なものから、M字状に後退が見られ、前頭部から後退が見られてくる脱毛などがある。また、ヘアラインの後退が2cmを超えており、頭頂部も薄くなってくるタイプも存在する。これがさらに進行していくと、前頭部・頭頂部で薄毛が見られるが、左右側頭部の毛髪は残存している。そして、前頭部と頭頂部を分ける境界がなくなり一体化。最終的には側頭部・後頭部のみに毛髪が残っている状態となってしまう」と、アイランドタワークリニックの望月建乃介氏が挨拶。「脱毛が激しくても、後頭部や側頭部の髪の毛は抜け落ちてしまうということがない」と、後頭部、側頭部に毛髪が存在していることに着目したとのこと。「後頭部、側頭部の髪の毛が抜けにくい要因として、脱毛を促進するDHTと呼ばれる物質の影響を受けないことが挙げられる」と、成長する前に髪が抜け落ちてしまう原因はDHTが影響しており、このDHTの影響を受けないのが後頭部、側頭部の毛なのだと指摘する。

アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.