うわっ、やっちまった! ちょっと恥ずかしい私の勘違い行動4選/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. うわっ、やっちまった! ちょっと恥ずかしい私の勘違い行動4選

うわっ、やっちまった! ちょっと恥ずかしい私の勘違い行動4選

2018年10月09日 10時41分配信  女子力アップCafeGoogirl

思わず「やっちまった!」と言いたくなるような勘違いをするときってありますよね。今思い出しても恥ずかしくなっちゃうような勘違い行動は、誰しも数えきれないほどあるはず。
そこで今回は、ちょっと恥ずかしい勘違いについてご紹介したいと思います。

1. 私へのサプライズじゃなかった

「誕生日に同僚達と食事をしていると、突然店内が暗くなり『ハッピーバースデイ』のBGMが。私への誕生日サプライズだと思って喜んでいたら、私ではなく、隣りの席のサプライズでした(笑)」(20代/事務員)

▽ お祝いしてもらうつもりじゃなかったとしても、ついつい意識してしまうのが誕生日ですよね。ちょっと自意識過剰になってしまったとしても、これは仕方ありません!

2. ナンパじゃなかった

「若い男の人に『すみません』と言われたのでナンパかと思って無視した。何度もしつこく声をかけてくるからキレ気味に『なんですか!?』と言ったら、私の背中のチャックが開いているのを教えようとしてくれていただけだった。ダブルで恥ずかしい……」(30代/看護師)

▽ 男の人に声をかけられるとつい身構えてしまいますよね。でもよくよく考えると、道を聞かれたり、落とし物を拾ってくれたりすることも多々あるので、あまり意識しすぎるとよくないかも!?

3. 告白じゃなかった

「会社の先輩に『今日の夜、時間をとってほしい』と食事に誘われたので、『告白かもしれない!』とドキドキして食事へ行きました。が、私の仕事のミスが多いことを注意されただけでした。ガッカリ」(20代/SE)

▽ 食事に誘われたら告白かと思って期待しちゃいますよね。でも、食事をしながら仕事のミスを言ってくれるなんてあまりないので、「やっぱり私のこと好きなのかも?」って、また勘違いしてしまいそうですよね。

4. 彼氏かと思った

「ずっと彼氏ができないと悩んでいた女友達が男の子と歩いているのを偶然見てしまった。あまりにうれしくて『おめでとう!』と声をかけに行ったら、ただの弟だった」(20代/学生)

▽ 年の近い兄弟はどうしても恋人に見えてしまいますよね。勘違いしてしまったことは恥ずかしいかもしれませんが、それは友達の幸せを喜んだからこそ。きっとあなたの勘違い行動を友達はうれしく思ったはずです。

まとめ

いかがでしたか? 勘違いしてしまうことは確かに恥ずかしいことですが、人間誰しもあることなので仕方ない! なので、勘違いしてしまったあとの対処法をあらかじめ自分の中で決めておくといいかもしれませんね。
勘違いを上手に笑いに変えて、恥ずかしさを吹きとばしちゃいましょう!

    Copyright (C) 2010〜2011 Yoshikazu Hashikura All Rights Reserved.

    アクセスランキング

    エンタメ総合の最新ニュース

      【免責事項】
    • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
    • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
    • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

    読者エディター
    美の賢人ブログはこちら

    Copyright © bizki Inc. All rights reserved.