低収入でも今すぐはじめられる貯金術/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 低収入でも今すぐはじめられる貯金術

低収入でも今すぐはじめられる貯金術

2018年10月04日 17時10分配信  マイナビウーマン

低収入でも今すぐはじめられる貯金術の画像:キレイスタイルニュース 低収入でも今すぐはじめられる貯金術
将来のことを考えはじめると、どう生活していくか不安を感じる方も多いはず。貯金が必要なのはわかっているけれど、「そもそも収入が少なくて貯金にまで回せない!」なんて方もいることでしょう。今回は低収入でもはじめられる「女性の貯金術」について、ファイナンシャルプランナーの川部紀子さんに教えてもらいます。■貯金って重要なの?“両親がお金持ち”、”結婚相手がお金持ちでかつ離婚をしない”など、レアな事情がない限り、未婚、既婚、男女を問わず、貯蓄ゼロでは問題があります。なぜなら、貯蓄ゼロという状態は私たちに不安を抱かせるからです。仮に今はよくても、体調や仕事の面で問題が起きたときには、解決すべき本来の問題と同じか、それ以上の恐怖を感じてしまうのが「貯蓄ゼロ」という状態。また、それなりの年齢になったとき、貯蓄ゼロでは老後が不安ですよね。今後は年金も心細くなっていきそうですし、貯蓄ゼロで人生を逃げ切れる人はますます減っていくでしょう。■簡単にできる貯金術どんな立場の人であれ、貯金があることは人生の不安材料を減らすことにつながります。収入が少ない場合はなおのこと。そこで、定収入でもはじめられる貯金術をご紹介します。◇低収入でもはじめられる貯金術まず、年収が低くてもお金を貯めるには、カードローン、キャッシング、リボ払いがないことが前提。その上で次の3つの方法からお金を作り出す必要があります。�収入を増やす�支出を減らす�資産運用で増やすしかし、年収がかなり低いということであれば、�は後回しです。続いて具体的な貯蓄の方法についてご紹介します。☆オートマチック貯蓄オートマチック貯蓄とは、「自動的に」「定期的に」「定額を」貯蓄すること 。会社で申し込める給料天引きの積み立て、なければ、毎月積み立ての定期預金を利用しましょう。「余ったら貯めよう」という考え方では甘すぎます。気が付けば貯まらないまま、5年、10年と平気で過ぎていきます。1,000円でも2,000円でもいいので、制度を利用し積み立てはじめることが重要。そして、残りのお金でやり繰りして生活できそうであれば、金額をアップしましょう。☆節税による貯蓄節税方法として代表的なのが、ふるさと納税と確定拠出年金です。みなさん、年収が少なくても所得税・住民税は納めていると思います。その場合、ふるさと納税と確定拠出年金(会社の企業型確定拠出年金に自分のお金を投入する方法やiDeCoと呼ばれる個人型確定拠出年金)で税金を下げられる可能性があります。お金を浮かせたわけですから、その分を貯蓄に回しましょう。内容の理解や申し込みに少しハードルはありますが、多くの方が実際に利用している制度なので、本気で貯めたいのであればそのハードルも乗り越えられるはずです。☆不要品販売による貯蓄「もう要らないかも」というものを、スマホのフリマアプリで売却しましょう。そして、手数料を差し引いた金額を箱に入れていきます。実際の売上金の入金はスマホ上で行われますので、そのお金で生活に必要なものを安く買うなどでもOK。でもあえて、売上金から手数料などを引いた入金額を箱に入れてみましょう。この方法は、年末などキリのいいところまで貯めて増えていく様子を実感することが目的です。そうすることで、増やすことに手を抜いていないかの確認になり、そのお金に手を出さない意志を育てることもできますよ。売却には面倒を伴いますが、年収が低い中で収入を得る方法には限りがあります。面倒くさがることは、お金の入り口を自ら閉ざすことになるのです。◇ひとり暮らしの人にオススメの貯金術上記3つを実践した上で、もう少し積立額を増やせるようなら、つみたてNISAを活用してみましょう。つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、対象となるのは一定の株式投資信託になります。 最長20年の非課税期間が設けられた投資制度ですので、長いスパンで少しずつ増やすことも検討してみるとよいでしょう。値動きはありますが、最長20年の間のどこかのタイミングで増えることを目指し、一喜一憂しないことがポイントです。■貯金を長続きさせるには?

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.