グラクソ・スミスクライン、保健医療分野におけるデジタル活用に関するメディアセミナーを開催、データ駆動型社会に向けて次世代のヘルスケア・システムが必要に/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. グラクソ・スミスクライン、保健医療分野におけるデジタル活用に関するメディアセミナーを開催、データ駆動型社会に向けて次世代のヘルスケア・システムが必要に

グラクソ・スミスクライン、保健医療分野におけるデジタル活用に関するメディアセミナーを開催、データ駆動型社会に向けて次世代のヘルスケア・システムが必要に

2018年09月27日 19時21分配信  マイライフニュース

 グラクソ・スミスクライン(以下、GSK)は、医療におけるデジタル活用に関するメディアセミナーを9月26日に開催した。今回のセミナーでは、慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学教室教授の宮田裕章先生を招き、日本の医療課題に対するデータ・ICT利活用の展望について、今年6月に閣議決定された「未来投資戦略2018」にある「データ駆動型社会」を見据えて講演してもらった。また、2020年には世界の死亡原因の3位になるといわれているCOPD(慢性閉塞性肺疾患)領域におけるGSKの取り組みについて紹介した。

 「現在、日本の医療環境は、超高齢化、経済成長の鈍化に加え、人口減少という課題に直面し、非常に厳しい状況にある。一方で、超高齢社会の初期段階は、公的私的に多くの資源が医療福祉分野に投入されることから、新たな成長に向かうチャンスでもあると考えている。しかし、この成長のためには、数十年先の社会と経済の変化を見据えた保健医療のパラダイムシフトが必要であり、そのカギを握っているのがICTの利活用になる」と、宮田先生は、日本の医療課題の解決にICTが重要な役割を担うと指摘する。「今年6月に閣議決定された『未来投資戦略2018』では、『Society 5.0』『データ駆動型社会』への変革がテーマに掲げられ、その中で、変革をけん引するフラッグシッププロジェクトとして、『次世代ヘルスケア・システムの構築プロジェクト』が挙げられている」と、政府が提唱するデータ駆動型社会の実現に向けて、新たなヘルスケア・システムが求められていると訴えた。

アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.