たくさん寝ても消えない・・・アラサー世代から急増「黒クマ」って?/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. たくさん寝ても消えない・・・アラサー世代から急増「黒クマ」って?

たくさん寝ても消えない・・・アラサー世代から急増「黒クマ」って?

2018年09月17日 21時30分配信  WWO-Woman Wellness Online-

たくさん寝ても消えない・・・アラサー世代から急増「黒クマ」って?の画像:キレイスタイルニュース

青いクマや茶色いクマはメイクである程度隠せますが、そうもいかないのが黒いクマ。この黒いクマができてしまうと、目元だけでなく顔の印象をグンと疲れて見せてしまいます。

正面を向いたときはクマが目立つけれど、上を向くと薄くなるという人は、黒クマタイプなのですが、一体その正体とは? 対処法とあわせてチェックしていきましょう。

 

黒クマの正体

目の周りの血行不良が原因の青クマや、メイクなどの色素沈着が原因の茶クマは比較的若い年代の人にも起こりやすい症状。

ですが黒クマは、年齢とともに目の下の皮膚が薄くなってたるみ、それが影になり黒く見えるというもので、アラサー世代から多く見られるようになります。

では、黒クマはどうやって対処したらよいのでしょうか。

 

黒クマには根本的なケアが必要

上記でお伝えしたとおり、黒クマは皮膚のたるみとそこからくる影が原因であるため、メイクで隠し切るのは難しくもあります。もしメイクでカバーするのなら、コンシーラーを使うより、オレンジ系のコントロールカラーを使うと良いでしょう。なぜなら、オレンジ系の色は黒クマの反対色だから。

ファンデーションはごく薄く塗り、目の下〜頬の間にハイライトを入れることで立体感が出て、たるみを目立たなくする効果に期待できます。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.