肌の上でとろけて馴染んでいくテクスチャーが特長のバーム、肌を包み込みながら外的刺激から守りリペアしてくれる機能性に加えとろける触感が人気に/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 美容・コスメ
  5. 肌の上でとろけて馴染んでいくテクスチャーが特長のバーム、肌を包み込みながら外的刺激から守りリペアしてくれる機能性に加えとろける触感が人気に

肌の上でとろけて馴染んでいくテクスチャーが特長のバーム、肌を包み込みながら外的刺激から守りリペアしてくれる機能性に加えとろける触感が人気に

2018年09月14日 20時10分配信  マイライフニュース

 残暑もひと段落し、秋の足音が近づくにつれて、夏に酷使した肌のダメージが顕在化。紫外線で受けたダメージや、汗を多くかいたことで、天然保湿因子などの保湿成分が奪われて、乾燥を感じるようになる季節でもある。こうした疲れた肌をケアするべく保湿アイテムに注目が集まる中、肌の体温で溶けて伸びがよくなり肌への摩擦を減らせることや、溶けてテクスチャーが変わることで効果が感じられると、人気を集めているのが“バーム”による保湿ケア法。そこで今回、バーム美容がブームとなっている背景や、秋のおすすめバームアイテムおよびその使用法について紹介しよう。

 バームとは、硬めのクリームや練り状の剤型のこと。粘度が非常に高く、ジャー容器を逆さにしても垂れてこないくらいの硬さのものを一般的にバームという。明確な定義はないため、化粧品会社やブランドによって中身の粘度状態もまちまちであるが、手の甲や手のひら、肌の上でとろけて、馴染んでいくテクスチャーが特徴となっている。

 プレミアアンチエイジング 広報宣伝グループの鷲本珠里氏によると、「元々バーム美容は、軟膏から来た言葉で、ヴァセリンや治療薬などを塗り込んで治す癒しの薬として利用されてきた」と、薬用として使われてきたのだという。「オイル状のものを半固型にしているので、肌にのせるととろけて柔らかくなり、よく伸びるという特徴がある」と、デリケートな肌にぴったりの美容アイテムなのだと教えてくれた。「固型であることから持ち運びにも便利」と、カバンの中に忍ばせて、気楽に使える点もバームの利点であると話していた。

アクセスランキング

美容・コスメの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.