運動もキャンプも災害時も…。「屋外の水道水がのめるマイボトル」を使い比べてみた/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 運動もキャンプも災害時も…。「屋外の水道水がのめるマイボトル」を使い比べてみた

運動もキャンプも災害時も…。「屋外の水道水がのめるマイボトル」を使い比べてみた

2018年09月13日 11時09分配信  roomie

運動もキャンプも災害時も…。「屋外の水道水がのめるマイボトル」を使い比べてみたの画像:キレイスタイルニュース

今年の猛暑から「便利なマイボトルがほしいなー」と思っていましたが、

季節はすっかり秋。買いそこねた……。

でもよく考えてみると、アウトドアやアウトフィットでも水は必要なので、マイボトルは1年中大活躍なんですね。

もうペットボトルの水を買う必要がない!

ブリタのマイボトル

家で使っているBRITA(ブリタ)の浄水ポットがとても便利なので、

同社のマイボトル「fill&go」(左)と「fill&go active」(右)を使い比べてみました。

ブリタのマイボトル

構造はどちらも同じ。本体に入れた水道水が、キャップ部分のフィルターで濾過されて、口に入ります。

1リットルあたりの値段はわずか数円で、ペットボトルのゴミが出ないのがエコでいいですね。

仕事使いや、災害時にもぴったり!

ブリタのマイボトル

水が足りなくなったら、日本の公園にある水道水ならどこでも補給可能。

災害時にもぴったりなのですが、川の水や泥水を濾過する基準は満たしていないので、あくまで水道水オンリーで。

(PR担当の方にうかがったところ、その基準を満たそうとすると、かなりの高性能フィルターが求められるので、そのぶんこちらは安くできている、そうです)

ブリタのマイボトル平日はバッグに入れて持ち歩いてます

本体はどちらも600ml。出先で水を補給可能なのだから、もっとコンパクトなサイズだとうれしいな……と思ってます。

緑川彩

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.