嫌われない人は自然としている「飲み会の断り方」/キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 嫌われない人は自然としている「飲み会の断り方」

嫌われない人は自然としている「飲み会の断り方」

2018年08月17日 17時10分配信  マイナビウーマン

嫌われない人は自然としている「飲み会の断り方」の画像:キレイスタイルニュース 嫌われない人は自然としている「飲み会の断り方」
職場の飲み会には行かないといけないのか、断っていいのかと悩むことがあるのではないでしょうか。断るにしてもなるべくまわりの人を不快にさせたくないはず。そこで今回は職場の飲み会を断る際のポイントやコミュニケーションで大切にしたい心構えなどについて紹介したいと思います。■キャリアコンサルタントが教える飲み会の断り方職場の飲み会に行かない人が増えていると言われています。たしかに仕事とは直接関係ない飲み会に毎回無理して参加する必要はありません。ここでは職場の飲み会に行かない人が増えている背景や、断り方のポイントを紹介します。◇職場の飲み会に 行かない人が増えている理由職場の飲み会に行きたくない人、行かない人が増えていると言われています。上司からの誘いや歓送迎会ですら行きたくないとの声もあり、「飲み会離れ」という言葉も生まれました。この背景にはいったい何があるのでしょうか。ひとつの背景としては勤労観の変化が挙げられます。仕事とプライベートのバランスを考えたとき、プライベートを重視したいと考える人が増えてきているのです。プライベートを重視したい人が、仕事の延長のような飲み会に参加したくないと考えるのは自然なことかもしれません。また、アルハラ(アルコール・ハラスメント)やパワハラ(パワー・ハラスメント)の問題などお酒や労働環境に関するまわりの目が厳しくなっていることも影響しているでしょう。「参加してほしいのが本音だが、強く参加を促すことができない」と考える上司や同僚も多いようです。強制力が弱くなっているため、「行きたくない」と伝えやすい環境になっているのです。◇上司や同僚を不快にさせない飲み会の断り方飲み会に無理して参加する必要はないという認識は広まりつつありますが、断る際、上司や同僚に不快な思いをさせるのは避けたいはず。ここでは上手な飲み会の断り方を解説していきます。☆家族に関するイベントを理由にする「子どもが誕生日なので」「父・母のお祝いで」といったように家族に関するイベントを理由にするのはいい方法です。家庭を大事にしている上司や同僚だとなおさら理由にしやすいですね。☆「夫に怒られるから」と伝えるこの理由もたまに耳にします。そう伝えられると「怒られるのはかわいそうだな」と感じて、誘い続けるのは難しくなりますね。☆習い事を理由にする家族に関することを理由にしづらい場合は、習い事を理由にするのもひとつの方法です。断る理由にしてはポジティブな印象がありますし、仕事と関係するようなものであれば向上心の評価にもつながります。☆体調不良を理由にする「疲れているので……」などと体調不良を理由とするのもひとつの方法です。ただし、まわりに心配をかけることにもなるので、次の仕事の日には元気な姿を見せるよう意識してもいいでしょう。☆断ったあとのフォローも大切断り方も大切ですが、断ったあとも大切です。飲み会の次の日に「楽しかったですか?」などと同僚らに聞いて、「本当は行きたかった」ということを遠回しに伝えるのもいいでしょう。職場でいい関係をつくっていきたいのであれば、このような声かけを大切にするといいですね。◇毎回断るのはアリ?

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.