森永製菓、「小枝<和栗味>」「エンゼルパイ<安納芋のタルト>」など5商品を期間限定で発売/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. 森永製菓、「小枝<和栗味>」「エンゼルパイ<安納芋のタルト>」など5商品を期間限定で発売

森永製菓、「小枝<和栗味>」「エンゼルパイ<安納芋のタルト>」など5商品を期間限定で発売

2018年08月15日 15時25分配信  マイライフニュース

 森永製菓は、収穫の秋に合わせて、8月21日から安納芋と和栗を使った商品を発売する。「和栗ケーキ」「エンゼルパイ<和栗>」に加えて、今年は新たに「小枝<和栗味>」「エンゼルパイ<安納芋のタルト>」「安納芋キャラメル」を加えた5つの商品を期間限定で発売する。

 9月9日は、五節句のひとつ「重陽の節句」。「栗の節句」ともいわれ、古くから秋の収穫を祝って栗を食べる習慣があるという。森永製菓では2011年秋から栗の味わいを楽しんでもらおうと商品を発売してきた。また最近では、晩夏の頃に芋栗フェアとして店頭が賑わっており、芋味のお菓子の人気も高いことから「エンゼルパイ<安納芋のタルト>」と「安納芋キャラメル」を新発売する。森永らしい様々なカテゴリーで芋栗のお菓子をラインアップし、ますます秋の店頭を盛り上げる考え。

 五節句である重陽(ちょうよう)の節句は、中国の重日思想から発した祭日で、特に奇数は縁起の良い陽の数とされ、九月九日は一番大きな奇数(陽)が重なった、最もめでたいとされる日と考えられてきた。江戸時代には「五節句」として1月7日(七草粥)、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)を5つの祭日とした。なお、「重陽の節句」は栗を使った料理を食べ、収穫を感謝する風習があることから「栗の節句」ともいわれている。

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.