NTTドコモ、妊娠中のメディア接触に関する実態調査、不安や悩み解消のためにネットサーフィンの時間が増える「妊婦サーフィン」経験者は9割以上に/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. NTTドコモ、妊娠中のメディア接触に関する実態調査、不安や悩み解消のためにネットサーフィンの時間が増える「妊婦サーフィン」経験者は9割以上に

NTTドコモ、妊娠中のメディア接触に関する実態調査、不安や悩み解消のためにネットサーフィンの時間が増える「妊婦サーフィン」経験者は9割以上に

2018年08月10日 11時56分配信  マイライフニュース

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「For ONEs」というコンセプトで、一人ひとりが自分らしさを発揮できる社会の実現を目指して、さまざまな取り組みを行っている。今回、その一つとして、「妊婦の抱える不安」という社会課題に注目し、1歳未満の第1子を持つ10代〜40代女性400名を対象に、妊娠時のメディア接触に関する意識・実態を調査した。調査の結果、第1子妊娠中の不安や悩みの解消のためにネットサーフィンの時間が増える「妊婦サーフィン」の経験者は9割以上(92.1%)にのぼることが明らかになった。ドコモでは、こうした「妊婦の抱える不安」を解決策として、一人ひとりにあった情報が届く「母子健康手帳アプリ」を提供し、妊婦の悩みに寄り添っている。

 調査ではまず、「妊娠中に不安や悩みをどのくらい感じていたか」を聞いてみると、「感じていた」と答えた人は約9割(88.5%)を占め、第1子の妊娠では、ほとんどの人が不安を感じていることがわかった。また、「不安や悩みの解消のために、ネットサーフィンをする時間が妊娠前と比べて増えた人」は、9割以上(92.1%)と、妊娠を機に、ネットとの接触時間が増加することが明らかになった。一方で、4人に1人(26.8%)が、「ネットサーフィンにより不安が増加している」と回答。不安や悩みについての検索内容は「胎児の状態について」(95.4%)が最も高く、続いて「自分の身体の変化について」(82.1%)と、カラダの内外の変化で、不安や悩みを抱えていることがわかった。

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.