「40歳で里子を預かりたい」 女2人ハウスシェアから始まったかぞくのかたち/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「40歳で里子を預かりたい」 女2人ハウスシェアから始まったかぞくのかたち

「40歳で里子を預かりたい」 女2人ハウスシェアから始まったかぞくのかたち

2018年08月03日 14時45分配信  ウートピ

6月30日〜7月7日にかけて、東京都豊島区にあるTURNER GALLERY(ターナーギャラリー)で開催された「かぞくって、なんだろう?展」。7月6日には「恋人じゃない二人暮らし〜血のつながりがなくても、恋の相手じゃなくても、家族といってみる〜」をテーマに、トークイベントが行われました。

「非婚出産」をした櫨畑敦子(はじはた・あつこ)さんと、劇作家のオノマリコさん、モスクワカヌさんによるクロストーク。パートナーシップによって里子を預かる構想や、かぞくにおける父親の役割など、さまざまな話題が展開されました。その一部をお届けします。

モスクワさん(左)、オノマさん(中央)、はじはたさん(右)

モスクワさん(左)、オノマさん(中央)、はじはたさん(右)

恋人じゃない2人でも、子どもを育てることはできる

2016年9月から一緒に暮らし始めたオノマさんとモスクワさん。2人の生活は、ルームシェアと何が違うのでしょうか?

「単なるシェアメイトというだけではなく、もっと“かぞく”に近い関係。お互いの人生の面倒臭いことにも関わりつつ、厳しい人生の荒波を共に乗り越えていこう、という共通認識を持っています」(モスクワさん)

2人とも劇作家として働いており、家事に関してはそれぞれ自分の分を行うというスタイルが基本。しかし「風邪を引いたとき、家事を任せられる存在がいる」(モスクワさん)、「帰ったとき電気がついているっていうだけでうれしい」(オノマさん)など、お互いの存在が、精神的な支えになっていることがうかがえました。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.