余命1ヶ月の母にかけた言葉に感じた罪悪感【7月人気記事ランキング】/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 余命1ヶ月の母にかけた言葉に感じた罪悪感【7月人気記事ランキング】

余命1ヶ月の母にかけた言葉に感じた罪悪感【7月人気記事ランキング】

2018年08月02日 09時45分配信  ウートピ

気象庁が緊急会見で「1つの災害と認識している」と異例の注意を呼びかけたほど、暑さの厳しかった7月。まだまだ油断はできないようなので、外出時は無理せず過ごしたいものです。

今月も、「ウートピ」人気記事(集計期間:2018/07/01〜2018/07/31)をランキング形式でお届けします。

1位・2位は「夫の腎臓をもらった私」がランクイン

7月の人気記事ランキングの1位は、「『腎臓をもらったら、私の中で生きられるね』余命1ヶ月の母にした最後の親不孝」。2位は、「『息子さんの腎臓をください』と言ったら、変化した姑との関係」でした。

中学1年生の時に腎臓病になり、36歳で末期腎不全になってしまった、ライターのもろずみはるかさん。選択肢は人工透析か移植手術という中で、健康な腎臓を「あげるよ」と名乗り出たのは彼女の夫でした。移植前後の周囲の人々との関係の変化を丁寧につづった人気エッセイです。

3位 その先にいけば楽になる? “中間管理職ゾーン”を早く抜けたほうがいい理由

3位は、事業開発コンサルタントとして活躍する秋山ゆかりさんのインタビューがランクイン。「女性活躍」と叫ばれているわりには、昇進してキャリアアップする女性が少ないのはなぜ?という疑問に、「それは、仕事や出世のルールを知らないからかも……」という秋山さん。中間管理職にとどまるのではなくて、その先にいくともっと大きな「自由」が手に入るという理由について話していただきました。

このニュースに関連するイケメン・タレント: 松嶋菜々子 その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.