富士経済、一般用医薬品(ドリンク剤、ビタミン剤、胃腸・消化器官用薬など)の国内市場調査、2018年はビタミン剤が前年比3.1%増の637億円に/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. 富士経済、一般用医薬品(ドリンク剤、ビタミン剤、胃腸・消化器官用薬など)の国内市場調査、2018年はビタミン剤が前年比3.1%増の637億円に

富士経済、一般用医薬品(ドリンク剤、ビタミン剤、胃腸・消化器官用薬など)の国内市場調査、2018年はビタミン剤が前年比3.1%増の637億円に

2018年07月20日 20時18分配信  マイライフニュース

 富士経済は、一般用医薬品(市販薬・OTC) 17カテゴリー・76品目の市場を調査する。第一回目は、ドリンク剤、ビタミン剤、滋養強壮保健薬、検査薬、女性関連薬、神経用薬、胃腸・消化器官用薬、オーラル関連用薬、漢方・生薬製剤の9カテゴリー40品目の調査結果を「2018 一般用医薬品データブック No.1」にまとめた。その結果、2018年市場見込では、ビタミン剤がビタミンB1B6B12主薬製剤としみ改善薬の伸びが拡大をけん引し637億円に達する見通しだ。ミニドリンク剤はターゲットが明確な製品は堅調も、全体では微減となり358億円を見込む。排卵日検査薬は認知度の高まりや製品ラインアップの増加によって、堅調に拡大し16億円になると予測する。

 ビタミンB1主薬製剤、ビタミンB2主薬製剤、ビタミンB1B6B12主薬製剤、しみ改善薬、ビタミンE主薬製剤、総合ビタミン剤、ビタミンA・D主薬製剤のビタミン含有保健薬を対象とした。市場は2016年に縮小したものの、2017年は新製品発売の効果やインバウンド需要の取り込みにより前年比3.1%増の624億円となった。

 ビタミンB1B6B12主薬製剤としみ改善薬が伸びている。ビタミンB1B6B12主薬製剤は、神経痛や筋肉痛・関節痛等の緩和を効能・効果としており、2015年にインバウンド需要により大きく伸びて200億円を突破した。2016年は前年の反動でやや縮小したものの、2017年は「アリナミンEXプラスα」(武田コンシューマーヘルスケア)の発売や、「ナボリン」(エーザイ)の好調などが寄与して伸びた。今後もインバウンド需要や、中高年層人口の増加により緩やかな伸びが予想される。

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.