【どう思う】体育の授業の「プール見学」は見直したほうがいい? 炎天下の中で見学している学校もあれば図書館で過ごせる学校もあるようです/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 【どう思う】体育の授業の「プール見学」は見直したほうがいい?

【どう思う】体育の授業の「プール見学」は見直したほうがいい? 炎天下の中で見学している学校もあれば図書館で過ごせる学校もあるようです

2018年07月20日 17時45分配信  Pouch[ポーチ]

【どう思う】体育の授業の「プール見学」は見直したほうがいい? 炎天下の中で見学している学校もあれば図書館で過ごせる学校もあるようですの画像:キレイスタイルニュース

連日の猛暑で、熱中症で搬送される人が続出している日本列島。こうした異常事態を受け、暑いなか行われる部活動や、なかなか学校にクーラーが設置されないことに対して疑問を訴える声が、ネット上に増え続けています。


そして近ごろ話題にあがっているのは、「プール見学」について。


病気やケガ、生理などの理由で参加できない生徒が、炎天下のプールサイドで見学したり、時にはプール授業の代わりとして走らされたりといったことに対して、ツイッター上で議論が巻き起こっているんです。


【プール見学にはどんな例があるの?】

子供たちの保護者や現役の学生と思われる人たちからあげられていたのは、次のような例。


・風邪気味なのにプールサイドで2時間見学

・生理で見学を申し出たら「体調管理をしっかりしてください」と言われる

・生理でプールに入れない→代わりに2km走ったあとに筋トレ

・見学者はプールサイドで腹筋もしくは腕立て伏せ

・見学者はプールサイドでレポート書き

・プール見学のときはずっと水まきをしなければならない

・「泳いでる子は水を飲めないんだから、見学してる子も飲まないで」という指導が行われる


こうした事態を防ぎたいと願う人たちからは、「いっそ学校を休ませたほうがいい」といった意見や、「国や教育委員会が『気温○○度越えたら屋外活動禁止』という決まりを作ったほうがいい」という意見も。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.