寝苦しい夜も快適に!ぐっすり眠るためのエアコン使用法とは/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. 寝苦しい夜も快適に!ぐっすり眠るためのエアコン使用法とは

寝苦しい夜も快適に!ぐっすり眠るためのエアコン使用法とは

2018年07月19日 21時00分配信  LBR(Life & Beauty Report)

寝苦しい夜も快適に!ぐっすり眠るためのエアコン使用法とはの画像:キレイスタイルニュース

例年より早く梅雨が明け、猛暑が続いていますね。夜になっても気温が高く、暑くてなかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、寝苦しい夜も快適な睡眠環境を得るための、就寝時のエアコンの使用方法をお伝えします。

寝るときにエアコンはつけるべき?消すべき?

近年、エアコンをつけたまま寝ることを推奨する意見をよく目にします。というのも、暑いのを我慢して寝てしまうことで、夜間でも熱中症にかかってしまう可能性があるのだそうです。

熱中症の発症率は、気温が28℃を超えると急激に高まるといわれています。さらに、湿度が高い状態は、より暑さを感じるだけでなく、熱中症にかかる危険も高まるのだとか。

もしも暑いと感じたら、無理をせず、エアコンをつけて眠りにつくようにしましょう。

就寝中にエアコンを使う際のポイント

では、就寝中にエアコンを使う場合、どのように設定するのが良いのでしょうか?

空調専業メーカーのダイキンによると、一晩中エアコンを使いたい場合、「室温28℃以上に設定した除湿運転」がおすすめだそうです。

除湿運転で湿度を下げることにより、体温を冷やし過ぎずに体感温度だけを下げることができるのだとか。こうすることで、入眠直後にかいた汗をしっかり乾かすことができ、眠りやすい環境に整えることができるそうです。

Life & Beauty Report(LBR) 2018

アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.