「腎臓をもらったら、私の中で生きられるね」余命1ヶ月の母にした最後の親不孝/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「腎臓をもらったら、私の中で生きられるね」余命1ヶ月の母にした最後の親不孝

「腎臓をもらったら、私の中で生きられるね」余命1ヶ月の母にした最後の親不孝

2018年07月18日 21時45分配信  ウートピ

中学1年生の時に腎臓病になり、36歳で末期腎不全になってしまった、ライターのもろずみはるかさん。選択肢は人工透析か移植手術という中で、健康な腎臓を「あげるよ」と名乗り出たのは彼女の夫でした。

今回は、実のお母さんへの思いについてつづっていただきました。

余命1ヶ月の母にした最後の親不孝

これまで、夫がドナーになった経緯をお話ししてきましたが、今回は実母の話をしようと思います。腎臓移植にあたって、ドナーの候補にあがったのは、実夫、実姉、夫の3人でした。その回を読んで、「なぜ実母は手をあげなかったのか」と、思われた人もいるかもしれません。

誤解なきよう伝えたいのですが、ドナーのクロスマッチングテスト(腎臓を提供する人に対する、主にHLAに対する抗体がないかどうかを調べるもの)が行われたのは、2017年。母はそれより前の2015年、66歳の時に肝臓ガンでこの世を去りました。

あげたくてもあげられなかった、という表現があっているかどうかはわかりません。

私は余命1ヶ月の母に向かって「母の腎臓をもらったら、私の中で生きられるね」と口を滑らせてしまったことがありました。今でも思い出すと情けなくなるのですが、母を失うのが怖くて、せめて母の腎臓だけでも生きてくれたらと願ってしまったのです。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.