シャネルから文学の街パリへ捧げるオマージュ、ハイプロファイルなデザインで魅せる洗練のコントラスト【2018-19秋冬クチュール】/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. シャネルから文学の街パリへ捧げるオマージュ、ハイプロファイルなデザインで魅せる洗練のコントラスト【2018-19秋冬クチュール】

シャネルから文学の街パリへ捧げるオマージュ、ハイプロファイルなデザインで魅せる洗練のコントラスト【2018-19秋冬クチュール】

2018年07月16日 11時00分配信  FASHION HEADLINE

シャネルから文学の街パリへ捧げるオマージュ、ハイプロファイルなデザインで魅せる洗練のコントラスト【2018-19秋冬クチュール】の画像:キレイスタイルニュース シャネルから文学の街パリへ捧げるオマージュ、ハイプロファイルなデザインで魅せる洗練のコントラスト【2018-19秋冬クチュール】
シャネル(CHANEL)が7月3日、パリのグラン・パレ(Grand Palais)で2018-19年秋冬オートクチュールコレクションを発表した。

© CHANEL
インスピレーションを求めたのは文学の街・パリ。18世紀に設立されたフランス学士院が見えるパリの風景を切り取ったようなランウェイには、セーヌ川沿いに建ち並ぶブックスタンドが再現され、シャネルにまつわる雑誌や写真が飾られている。

スタンドの椅子に腰掛けた男性や子供の前を颯爽と歩いていくモデルたち。ツイードスーツのシルエットは直線的だが、ウエストはややシェイプされ、メゾンを象徴するコードであるブレードにはジッパーが装飾されている。スカートのサイドスリットやジャケットのスリーブは、ジッパーの開閉によって表情が変わる“ハイプロファイル”なデザインで、そこから覗くミニスカートやカラフルなグローブが、美しいコントラストを生み出している。

カラーパレットにもパリの色彩が存分に感じられた。カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が「パリの色」と話すペールグレーやチャコールグレーを始め、夜のセーヌ川に反射してきらめくシルバーやゴールドといった落ち着いたカラーをベースに、パリの建造物を思わせるグリーンや夜明け前の空を包むモーヴなどが差し色に使われた。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.