夏木マリさんが“女優”を封印した理由 「人の生きる時間を演じるのに男女の判断は関係ない」/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 夏木マリさんが“女優”を封印した理由 「人の生きる時間を演じるのに男女の判断は関係ない」

夏木マリさんが“女優”を封印した理由 「人の生きる時間を演じるのに男女の判断は関係ない」

2018年07月12日 20時45分配信  ウートピ

できることではなく、できないことを探してきた

さらに、夏木さんは表現者としての自分について次のように話しました。

「(歌、演技、パフォーマンスなど)いろんなアプローチをしてきました。その中で、私はいつも、自分ができることではなくて、できないことを探しているような気がします。どの仕事も結果的には自分の生き様が反映されるものです。

私は、アプローチを変えながら、自分探しをしているようなところがあります。でも、死ぬまで答えは出ないと思います。大変な仕事を始めちゃったなぁと気づいたのは40年目くらい(笑)。80歳まで精進しようって思っていたんですけど、人生100年時代ですって? あと20年伸びちゃった。もうちょっと頑張らないとなと思う今日この頃です」

夏木さんが『印象派』の活動を始めたのは40歳、坂井編集長は「働く女性の間で、40代でキャリアチェンジ、ワークシフトをする人が増えている」と話します。夏木さんは当時を振り返って「失敗はいっぱいしていい」と話し始めます。

「今の私は、印象派の活動で教えられたことがベースになっていると思います。それ以前はプレパレーション(準備・予習)という感じ。失敗しても、そこから覚えられることがあります。若い時はいっぱい失敗すればいいんです。私自身はスロースターターなところがあるので、ちょっと時代に乗り遅れたなと思うときもありますが、全然大丈夫ですよ。(人生は)100年に伸びましたから、40歳くらいで自分らしくなったらいいと思います」

このニュースに関連するイケメン・タレント: SHIHO その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.