マルコメ、湯戻し・水切りが不要な「ダイズラボ 大豆のお肉 ミンチタイプ」など発売/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ・レシピ
  5. マルコメ、湯戻し・水切りが不要な「ダイズラボ

マルコメ、湯戻し・水切りが不要な「ダイズラボ 大豆のお肉 ミンチタイプ」など発売

2018年07月12日 10時13分配信  マイライフニュース

 マルコメは、「ダイズラボ」ブランドから湯戻し、水切りが不要で、開封後にそのまま使える大豆のお肉、「ダイズラボ 大豆のお肉 ミンチタイプ100g」、「同、フィレタイプ90g」、「同、ブロックタイプ90g」を8月下旬から発売する。

 同社は2015年にレトルトタイプの「大豆のお肉」シリーズを発売した。当時と比較して、昨今はメディアへの露出も増え、生活者の大豆ミートに対する関心も高まっている。ヘルシー志向が高まる現在、罪悪感なく食べられることを意味する「ギルトフリー」という言葉も登場、同社の大豆ミート商品もギルトフリー食品の一つとして注目されている。一方、海外では近い将来に訪れることが予想されている食糧不足の観点から代替肉のニーズが高まっている。農林水産省の試算でも1kgの牛肉に必要な飼料としての穀物量は11kgとされ、代替タンパク質の必要性、将来的な需要増が示唆されている。また、2014年に3737億円だった世界の代替肉市場は2017年に4612億円、2022年には6507億円に拡大(GRAND VIEW RESEARCH調べ)するとの見方もあり、市場のさらなる成長が期待される。

 エムスリーが運営する日本最大級の医療従事者向け専門サイトの会員医師に、「大豆のお肉」を含む同社の「ダイズラボ」シリーズについて「あなたは、この商品の機能を理解した上で他の人に勧めたいと思うか」と質問したところ、100名中96%の医師がこの商品を勧めたい(ぜひ勧めたい26%+勧めたい70%)と回答。また、「あなたは、この商品の機能を理解した上で食べ続けたいと思うか」という質問には85%が食べ続けたい(ぜひ食べ続けたい19%+食べ続けたい66%)と回答した。

アクセスランキング

グルメ・レシピの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.