毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】

毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】

2018年07月11日 21時55分配信  ウートピ

??「鈍感便秘?」になると、どのような問題が起こるのでしょうか。

佐々木医師:「鈍感便秘?」とは、直腸や肛門に便があるにも関わらず、便意を感じなくなっている状態なので、症状が進むと大量に便が溜まらないと便意が起こらなくなります。そのため、数日間排便がなくなります。

こうなるとさすがに、自分は「便秘だ」と自覚するでしょう。そのときに、「出残り便秘?」が積み重なって、「鈍感便秘?」になっている可能性があることを知ってください。

出残り便に下剤は効かない

??何日も便秘が続くと、薬を飲んで改善したい人が多いと思いますが、「出残り便秘?」、「鈍感便秘?」は下剤で改善できるのでしょうか。

佐々木医師:内服する便秘薬の多くは下剤と呼ばれるタイプで、これから新しくつくられる便を柔らかくする、直腸までの運搬をスムーズにするように働きます。そのため、すでにできあがって肛門の近くに下りてきている便や、ましてや出し残しの出残りの便には効きません。口から入るものはお腹、腸に効くのであって、出口には効かないのです。

だから腸がちゃんと動いていて毎日お通じがある「出残り便秘?」の人が下剤を飲むと、腸のぜん動運動が過剰になって腹痛や下痢を起こすのです。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.