毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】

毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】

2018年07月11日 21時55分配信  ウートピ

排泄すると、先端は硬くなった昨日の便、後半は柔らかい当日の便という状態になります。もし、トイレタイムを十分にとれないなどで出し切れない場合、肛門括約筋でちぎって排便を終わりにすることになります。するとまた、直腸に便の一部が残ったまま硬くなっていきます。これが「出残り便秘?」です。

??「出残り便秘?」という言葉は、大阪肛門科診療所の登録商標とのことですが、どうして登録されたのですか。

佐々木医師:「出残り便秘?」と、後で説明する「鈍感便秘?」も登録商標にしています。便が肛門付近の直腸まできているのに、排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できない状態を「直腸性便秘」と言い、多くの情報がありますが、当院では、その学術的な定義とは少し違う状態を「出残り便秘?」と表現して患者さんに説明をしています。間違った情報が広まるのを少しでも避けたいからです。

出残りに慣れると、次に「鈍感便秘?」になる

??直腸に便が残っていると便意を感じると言いますが、気づかないのはなぜでしょうか。

佐々木医師:便を出し切れていない場合、「残便感」と呼ばれる気持ち悪さがあるでしょう。ですがそれが続くと、すぐにその感覚に慣れるようになります。つまり、残便感を覚えなくなるわけです。これは、直腸の異変に対して鈍感になっているということであり、当院ではこの状態を「鈍感便秘?」と呼んでいます。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.