毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】

毎日排便しても「出残り」があると便秘?【大腸肛門病専門女医が教える】

2018年07月11日 21時55分配信  ウートピ

佐々木医師:いえ、それが問題なのです。出口に残ったままの便は、時間が経つにつれて水分が直腸で吸収され、硬くなっていきます。すると、ますます出にくくなるわけです。その排出されずに残った便は時間とともに古くなって、出口をふさぎます。これを当院では「出残り便秘?」と呼び、注意を促しています。

??出残り便はどうなるのでしょうか?

佐々木医師:まず、正常な便のサイクルを説明しましょう。食べ物は胃で消化された後、小腸に運ばれ、栄養素が消化・吸収されてからドロドロの状態で大腸へと送り込まれます。次に、大腸を巡って最下部の直腸へと運ばれますが、その間に水分が吸収されて、液状だったものが次第に固くなり、やがて固形になって便として排出されます。

直腸とは肛門のすぐ奥にある部位です。ここに便が溜まると脳で便意を感じる仕組みになっているのですが、排便しきれなかった便が直腸に残っていると、一晩で水分が吸収されて硬くなります。そして翌日、その上に新たな出来たての便が重なります。このとき直腸では、古くて硬い便の上に新しく柔らかい便が二段積みになって溜まっているとイメージしてください。硬い出残りの便が肛門にふたをして、新しい便が出るのを妨げているわけです。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.