【今こそ確認】国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で自分の街や職場近辺の災害リスクを調べておこう/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 【今こそ確認】国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で自分の街や職場近辺の災害リスクを調べておこう

【今こそ確認】国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で自分の街や職場近辺の災害リスクを調べておこう

2018年07月11日 12時45分配信  Pouch[ポーチ]

【今こそ確認】国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で自分の街や職場近辺の災害リスクを調べておこうの画像:キレイスタイルニュース



西日本の広い範囲を襲った「平成30年7月豪雨」。多数の犠牲者を出した災害の爪あとは大きく、たくさんの方々が避難生活を余儀なくされています。


もし、自分が住んでいる街で自然災害が発生したら。どのくらいの被害が予想されるのか、どういうルートで避難するべきなのか。


「国土交通省ハザードマップポータルサイト」では、そういった情報を調べることができます。いま一度、自分の生活圏内の災害リスクを確認してみませんか?


【ハザードマップを活用しよう】

国土交通省のハザードマップポータルサイトでは、自分の家や会社の周りに潜む災害リスクを確認することができます。まず「重ねるハザードマップ」を使ってみました。


地図の上で十字のポイントを動かす、もしくは地域名や住所を検索窓に入力して一覧から選ぶことで、照準を合わせたい地域へ移動可能。


今回は、川の近くで調べてみようと思い「東京都台東区雷門」を選択。


そのあと「洪水」「土砂災害」「津波」の3つのボタンを押すことで、災害が想定されるエリアが詳細な地図に重ねて表示されます。ためしに「洪水」ボタンを押してみたところ……。


真っ赤な色で地図全体が覆われてしまいました。想定外の豪雨などに見舞われれば、地方か都心かに関わらず洪水の危険性はあるのだと実感します。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.