今の20代はフェミニストに憧れる【小島慶子のパイな人生】/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 今の20代はフェミニストに憧れる【小島慶子のパイな人生】

今の20代はフェミニストに憧れる【小島慶子のパイな人生】

2018年06月29日 23時31分配信  ウートピ

恋のこと、仕事のこと、家族のこと、友達のこと……オンナの人生って結局、 割り切れないことばかり。3.14159265……と永遠に割り切れない円周率(π)みたいな人生を生き抜く術を、エッセイストの小島慶子さんに教えていただきます。

第9回は「フェミニズム」について。ハリウッド女優エマ・ワトソンさんのスピーチ以来、世界ではそのイメージが変わりつつあるフェミニズムですが、私たちが身を置く日本に目を向ければ、未だに「フェミっぽい=怖いオンナ」という空気が残っていたりもします。

小島さんが考える「これからの時代のフェミニズム」とは? 

フェミニストはイタいキャラ?

先日、アラサー女性のためのニュースサイト「ウートピ」の鈴木円香編集長も出演されているAbemaTV『Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜』でフェミニストの皆さんとお話ししてきました。

学問的に云々するのは私の専門外なので置いておいて、この議論で面白かったのは、今フェミニストを自称している人も初めはまるで無関心だったり、フェミと呼ばれたくないと思っていたということ。

大学で教鞭をとっている40代の社会学者の女性は、勉強ができてしまう自分をなんとか「女子らしく」マイルド化しようとしたり、女子は理数系が苦手だと聞けば抜群にできてしまう自分を後ろめたく思ったり……とにかく「普通の女性枠」からはみ出すまいと随分苦労した時期があったそうです。しかしやはり気づいてしまうんですね、それってなんでだよ?と。彼女は上野千鶴子さんの元で学び、立派なフェミニストになったのでした。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.