いつ返す? 気をつけたい「会社のお中元マナー」/キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. いつ返す? 気をつけたい「会社のお中元マナー」

いつ返す? 気をつけたい「会社のお中元マナー」

2018年06月27日 07時10分配信  マイナビウーマン

いつ返す? 気をつけたい「会社のお中元マナー」の画像:キレイスタイルニュース いつ返す? 気をつけたい「会社のお中元マナー」
夏のご挨拶である「お中元」。季節のご挨拶をいただいたら、社会人としてスマートにお返しをしたいものですよね。これからの季節に向けて、知っておくべきお中元のお返しマナーについて、マナー講師の松本繁美さんにお聞きしました。

■会社でお中元をもらったら



会社宛てのお中元ならともかく、自分個人宛てにもらったらどうしたらいいのでしょうか。いつ自分あてに届くともわかりません、マナーを心得ておきましょう。

◇お中元のお返しは必要か

☆まずは上司に報告を

会社にお中元(自分個人宛て)が贈られてきた場合、まずは贈られてきたことを上司に報告することが大切。個人名宛てで贈られてきたものでも、会社に届いた時点で、会社全体の責任下になります。また、上司も部下がもらったことを知らないでいるのは相手先の会社に失礼にあたります。 報告と相談をしておけば、その後のつながりもスムーズにいくでしょう。

☆贈答品が禁止の場合

会社によってはお中元のみならず、贈答品全般の授受を禁じているところも。その場合ももちろん、上司に報告と相談をするべきです。ひとりで悩んだりせず、適切な処置を指示してもらいましょう。お中元ひとつにしても問題は共有しておくべきです。会社で禁じられている場合、「お断りの書状」と共に、品物を送り返すよう手配するしかありません。その際は「お気持ちは嬉しいのですが、会社の規則で……」というような素直な書状を添えれば良いと思います。禁じられていない場合は上司に相談して、お礼状だけで済ませるのか、お返しをするべきなのかの判断を仰ぎましょう。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.