ビジョナリーホールディングス、アイケア商品・サービスの拡充と同業のロールアップにより増収増益を達成、次世代型店舗への移行とウェアラブル端末の量産化を推進/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. ビジョナリーホールディングス、アイケア商品・サービスの拡充と同業のロールアップにより増収増益を達成、次世代型店舗への移行とウェアラブル端末の量産化を推進

ビジョナリーホールディングス、アイケア商品・サービスの拡充と同業のロールアップにより増収増益を達成、次世代型店舗への移行とウェアラブル端末の量産化を推進

2018年06月22日 20時23分配信  マイライフニュース

 メガネスーパーを中核企業として、アイケアサービス・商品を展開するビジョナリーホールディングスは、2018年4月期の業績概要および今後の事業戦略に関する説明会を6月19日に開催した。2018年4月期は、アイケア商品・サービスが好調に推移したことに加え、同業のロールアップにより事業規模の拡大を図り、増収増益を達成した。今後は、アイケアをさらに拡充・先鋭化した次世代型店舗への移行を推進するとともに、エンハンスラボによるウェアラブル端末領域の事業を本格化していく考えだ。

 「当社は、昨年11月1日にメガネスーパーからの株式移転の方法により設立し、持ち株会社体制に移行した。そして、『目の健康寿命』を延ばすためにあらゆる解決策を提供するアイケアカンパニーとして、顧客ごとに異なる眼の状況や生活環境に合わせた最適な商品の提案、および眼のQOL向上につながるサービス・商品の拡充を図ってきた」と、持ち株会社体制下での事業ビジョンを説明するビジョナリーホールディングスの星�尚彦社長。「この結果、2018年4月期決算は、アイケア商品・サービスの充実により増収増益を達成した。とくに、メガネが前年同期比3.1%増、コンタクトレンズが同26.6%増、補聴器が同15.8%増、ECが31.0%増と好調だった」と、アイケアを提案する商品・サービスが好調に推移したと説明した。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.