ファミリーマート、麺やスープにこだわってリニューアルした「冷し中華」など"盛夏版"ファミマの冷し中華を発売/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ・レシピ
  5. ファミリーマート、麺やスープにこだわってリニューアルした「冷し中華」など"盛夏版"ファミマの冷し中華を発売

ファミリーマート、麺やスープにこだわってリニューアルした「冷し中華」など"盛夏版"ファミマの冷し中華を発売

2018年06月19日 21時36分配信  マイライフニュース

 ファミリーマートは、本格的な暑さの到来に向け、麺やスープにこだわってリニューアルした「冷し中華」や「ごまだれ冷し中華」など、“盛夏版”ファミマの冷し中華を、6月19日から、全国のファミリーマート、サークルK、サンクス約1万7000店で発売する。

 今回リニューアルする“盛夏版”ファミマの冷し中華では、コシともちっとした食感が特長の「三層麺」の太さを細くし、酸味を効かせたスープに変更することで、夏の時期でもさっぱりと食べやすいよう工夫した。また、定番の「冷し中華」は、食べごたえにもこだわり、昨年に比べ麺も増量(麺の増量は、今年3月から実施中)している。今年は例年に比べ気温が高い予報も出ていることから、昨年に比べて一週間リニューアルの時期を早めているという。

 「冷し中華」の麺は、北海道産小麦を使用した「三層麺」を使用し、外はもちもち、中はプリッとした食感を実現した。従来に比べ麺を細くすることで、盛夏時でも食べやすいのどごしを追求したという。また、価格は据え置きで、麺の量を昨年よりも約25%アップさせた(麺の増量は2018年3月から実施中。また、中部地方は昨年よりも約15%アップ)。スープには、丸鶏に加え、豚肉・豚骨・牛肉を炊き出したガラスープに醤油を加え、レモン果汁でさわやかな酸味を感じられる仕立てに仕上げている。チャーシューは、アルペンザルツ岩塩と醤油のタレに漬け込み、直火で焼き上げた豚バラ肉とのこと。昨年までとは切り方を変更し、見た目のボリューム感と食べ応えを増した。

アクセスランキング

グルメ・レシピの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.