男が「笑える下ネタ」と「笑えない下ネタ」のボーダーラインって?/恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 恋愛
  5. 男が「笑える下ネタ」と「笑えない下ネタ」のボーダーラインって?

男が「笑える下ネタ」と「笑えない下ネタ」のボーダーラインって?

2018年06月17日 21時30分配信  恋愛jp

男が「笑える下ネタ」と「笑えない下ネタ」のボーダーラインって?の画像:キレイスタイルニュース 男が「笑える下ネタ」と「笑えない下ネタ」のボーダーラインって?
飲み会で下ネタを振られた時、どこまでなら大丈夫なのかな?と思ったことありませんか?
ドン引きしてもダメ、だからといってノリノリでもダメ。

だったらどうしたらいいの〜??ってなりますよね。
そこで今回は、男が「笑える下ネタ」と「笑えない下ネタ」のボーダーラインを紹介していきます。

(1)笑うのはOK・大笑いはNG


『男ってバカだな〜くらいの笑いが一番楽しい』(34歳/企画)

下ネタにドン引きされるよりは、笑ってくれたほうが嬉しいもの。
男性が下ネタを言っている時に、笑うのはOKですが、ノリノリで大笑いするのはNG。
ノリノリで大笑いすると、下ネタ大好きなんだなと思われ、軽い女子認定されることも……。

普通に笑う、もしくは恥ずかしそうに笑うぐらいがベスト!
話には入っていかないまでも、少しは笑ってあげたほうが好感度アップですよ。

(2)話に乗るのはOK・自ら話すのはNG


『下ネタ話の中心になるような女性はパス』(33歳/IT)

男性が飲み会の席で下ネタを女性に振るのは、からかい半分なところがあります。
困った顔が見たい、どうやって返答するのかなど、いたずら心があるもの。

そこで振られた通りの話を自ら話し始めるのはNG。

アクセスランキング

恋愛の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.