銃撃戦がない、BGMがロックじゃない… フランス映画にハマれない理由/恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 恋愛
  5. 銃撃戦がない、BGMがロックじゃない…

銃撃戦がない、BGMがロックじゃない… フランス映画にハマれない理由

2018年06月15日 08時00分配信  ヒトメボ

銃撃戦がない、BGMがロックじゃない… フランス映画にハマれない理由の画像:キレイスタイルニュース
フランス映画にとっつきにくいイメージを抱いている人は少なくないはず。なかには、教養と思い耳覚えのある作品を手に取ってみたはいいものの、最後まで観るのがキツかった……という経験のある人もいるのでは? フランス映画にハマれない理由について、ヒトメボ読者に聞いてみました。


●爆発や銃撃戦がない
「あまり映画は見ないのですが、『マッドマックス』みたいにいろいろ爆発する映画しか無理なタイプです。フランス映画に限らないけど、自分は飽き性だからビジュアルに抑揚の少ない映画はキツいかな……」(大分/30歳男性)

「映画は『Mr.&Mrs. スミス』とか『ミッション:インポッシブル』とか激しいやつが好き。フランス映画って、銃の撃ち合いとか地球崩壊とか、ダイナミックな演出がないイメージだから敬遠してしまいます」(神奈川/28歳男性)

視覚的な刺激の少ない穏やかな作品が多いイメージなのでしょう。ただ、リュック・ベッソン監督の『レオン』や『ニキータ』など、劇的なシーンのある映画もなくはないです。

●設定やセリフがキザ
「わりと映画はよく観る方だと思うけど、フランス映画はちょっと辛抱がいる。設定がキザでついていけないんですよね。詩人や絵描きや作曲家ばかり出てきて、「俺の作曲した曲を聴いてくれ」とか「僕の作った詩を聞いてよ」とか……」(神奈川/34歳男性)

Copyrightヒトメボ


アクセスランキング

恋愛の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ