今ならまだ間に合う!? “夏までに”と励むカラダづくり【養殖マッチョと〇〇系女子の共通点】/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 今ならまだ間に合う!? “夏までに”と励むカラダづくり【養殖マッチョと〇〇系女子の共通点】

今ならまだ間に合う!? “夏までに”と励むカラダづくり【養殖マッチョと〇〇系女子の共通点】

2018年06月09日 21時05分配信  シティリビングWeb

今ならまだ間に合う!? “夏までに”と励むカラダづくり【養殖マッチョと〇〇系女子の共通点】の画像:キレイスタイルニュース
昼はプランナーとして働く、自称OL(おっさんレディ)のT子の連載コラムです。

アタシ、コラムでも本業でも毎回ネタを考えなければいけないのだけど、この時期だと安直にジューンブライド、同性婚に絡めてしまうとつまらない。でも、毎年「この時期のトレンドだよね」と感じているのは、「夏本番前に向けたダイエットや脱毛といったボディケア」。雑誌の特集や街中の広告でもよく見かけていると思います。水着になる季節の前に頑張らなきゃとアナタを焦らせるあの恐怖訴求です。

ゲイは一般男性に比べると、見た目に気を使い、カラダを鍛えているという定説もあるけど、いったいどうなんでしょう?



女性もゲイも“今、カラダづくりに励む人”の気持ちとは?
今はフィットネス業界の隆盛期。手軽な24時間ジムから結果重視の本格派ジムまで、アタシたちの選択肢の幅も広がり、利便性も向上しました。ボディビルではなくバランスの取れた美ボディを目指すエクササイズも盛んですし、女性の間で最近は“美尻”がトレンドですよね。

また、実際ジムに通っていると、若い人のカラダづくりだけでなく、健康維持と体力増進に励むおじいちゃん、おばあちゃんの姿も多く見られます。

とはいえ、女性にもゲイにも差し迫った問題であり、ジムへと足を運ばせている要因は、そう、プールや海で水着になる機会が増えたり、暑さで薄着になる“夏までに”といった気持ちです。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.