「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろう/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろう

「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろう

2018年05月25日 19時00分配信  LBR(Life & Beauty Report)

「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろうの画像:キレイスタイルニュース

界面活性剤といえば、肌荒れの原因と思われたり、肌によくないなど悪者扱いされたりしがちなもの。

しかし、界面活性剤なくしては化粧品を作ることが難しいといわれており、私たちの生活の中では必需品でもあるのです。

今回はそんな界面活性剤に関する、正しい知識をご紹介します。

界面活性剤とは簡単にいうと“接着剤”のようなもの!

化粧品の主な原料は、水と油です。しかし、お互いを理解し合えないことを“水と油の関係”というように、この二つは簡単には混ぜ合わせることができません。

しかし、水と仲良しの部分(親水基)と油と仲良しの部分(親油基)を持つ界面活性剤の力で混ぜ合わせることができるのです。

界面活性剤は何か特別なもののように感じますが、私たちの身近なものにも存在しています。

例えばマヨネーズ。水に近いお酢と油と卵黄でできているのですが、卵黄に含まれる“レシチン”が界面活性剤の働きをすることで、本来混ざりあわないはずの水と油を混ぜ合わせているのです。

そのほかにも、実は私たちの肌や体内にだって天然の界面活性剤は存在します。

なので、界面活性剤は決して特別なものではなく身近にありふれている物質なのです。

化粧品での界面活性剤の役割とは

Life & Beauty Report(LBR) 2018


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ