「今はアラサー男子みたいな感じなんです」ジェーン・スーさんに聞く、幸せとか/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「今はアラサー男子みたいな感じなんです」ジェーン・スーさんに聞く、幸せとか

「今はアラサー男子みたいな感じなんです」ジェーン・スーさんに聞く、幸せとか

2018年05月21日 20時01分配信  ウートピ

「家族」と言うと世間では“家族の絆”や「家族なんだからわかり合える」といった“美談”でもてはやされがちですが、「そうは言っても面倒なときもある」「うちの家族は違うよ」と思っている人も実は多いのではないでしょうか。

コラムニストのジェーン・スーさんが自身の父親についてつづったエッセイ『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社)を上梓しました。

40代半ばに差し掛かったジェーン・スーさんが80歳になろうとしている父と、もう一度「父と娘」をやり直そうと向き合った日々をつづったエッセイです。

「母親とはよく話すけれど、父親とはちゃんと話してないな」「改まって何を話せばいいのかわからない」という人もいるはず。

ジェーン・スーさんに3回にわたって話を聞きました。

【第1回】「テンプレの家族像にとらわれていたのは自分だった」
【第2回】「家族なんだからわかり合える」はウソ?

「テンプレの幸せ」と「私の幸せ」で揺れ動く私たち

??第1回目のお話で「テンプレの幸せ」の話が出てきましたが「テンプレの幸せ」と「私の幸せ」の間で揺れ動いているのがウートピを読んでくれているアラサー女子なのかな、と勝手に思っているんですが……。

ジェーン・スーさん(以下、ジェーン):「テンプレの幸せ」に乗る気満々なのにテンプレにぴったりの相手が見つからないのか、「テンプレに乗れないのはヤバいでしょ」と勝手に追い詰められて、テンプレに乗りたくないのにもかかわらず焦っているのか、どちらかを見極めないとなかなか進む先は見つからないと思うんです。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.