「テンプレの家族像にとらわれていたのは自分だった」ジェーン・スーさん/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「テンプレの家族像にとらわれていたのは自分だった」ジェーン・スーさん

「テンプレの家族像にとらわれていたのは自分だった」ジェーン・スーさん

2018年05月18日 20時01分配信  ウートピ

「家族」と言うと世間では“家族の絆”や「家族なんだからわかり合える」といった“美談”でもてはやされがちですが、「そうは言っても面倒なときもある」「うちの家族は違うよ」と思っている人も実は多いのではないでしょうか。

コラムニストのジェーン・スーさんが自身の父親についてつづったエッセイ『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社)を上梓しました。

40代半ばに差し掛かったジェーン・スーさんが80歳になろうとしている父と、もう一度「父と娘」をやり直そうと向き合った日々をつづったエッセイです。

「母親とはよく話すけれど、父親とはちゃんと話してないな」「改まって何を話せばいいのかわからない」という人もいるはず。

ジェーン・スーさんに3回にわたって話を聞きました。

父親について書こうと思ったきっかけ

??お父様のことを書こうと思ったきっかけを教えてください。

ジェーン・スーさん(以下、ジェーン):うちの父の話って誰に話してもたいていウケるんですよ(笑)。私が会社員だったときからまわりのみんなにそれとなく話すと笑ってもらえる定番ネタだったんです。それで、何となくエピソードが溜まっていたというのもあって。

直接のきっかけとしては、父が「引っ越しをするから初期費用を出して」と言ってきたときに「じゃあ初期費用を出す代わりにあなたのことを書かせてよ」と言ったことから具体的にスタートしました。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.