ドンク、パン職人の世界一を競う大会出場作品「pain fantastique 2018」を期間限定で販売/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ・レシピ
  5. ドンク、パン職人の世界一を競う大会出場作品「pain

ドンク、パン職人の世界一を競う大会出場作品「pain fantastique 2018」を期間限定で販売

2018年05月17日 10時23分配信  マイライフニュース

 ドンクは、個人戦でパン職人の世界一を競う国際コンテスト「マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー2018」ニュートリショナル・ブレッド部門に、瀬川洋司氏(東京エリア統括エリア支援室ディビジョンマネジャー)が日本人として唯一選出され、出場した。大会出場を記念し、瀬川洋司氏が実際に大会で考案・製作した作品を再現し、5月24日〜6月3日の期間、旗艦ブランド「ドンク」の全国14店舗限定で販売する。

 「マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー」は、パン職人が個人で技を競い合い、技術力や芸術面などを総合的に評価する国際コンテストで、2010年から4年に一度行われている。世界中から選ばれたトップクラスの職人がニュートリショナル・ブレッド部門、グルメパン部門、飾りパン部門に分かれ、それぞれ6名ずつ、計18名が伝統的なバゲットやオリジナルレシピを披露する。

 瀬川氏が手掛ける「“pain fantastique 2018”」は、創造的で革新的な製パンの作品を自由に表現する「The“wow factor”bread(驚きのあるパン)」という大会指定のテーマをもとに製作された。ミルフィーユをイメージした内相は、バターを手で折りたたむことで層になった生地が重なり、様々な食感を楽しめる。クラスト(皮)はサクッと歯切れが良く、クラム(中身)はしっとりとしていて、生地に練りこまれたくるみがアクセントになっている。黒ビールの深み、ゴマの香ばしさ、レーズンの酸味に加えて、食欲をそそるバターの風味が特徴となっている。見た目では想像できない内相、食感、味わいの逸品となっている。

アクセスランキング

グルメ・レシピの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.