会話は質より回数。いつでも「ごきげん」を保つための小さな努力/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 会話は質より回数。いつでも「ごきげん」を保つための小さな努力

会話は質より回数。いつでも「ごきげん」を保つための小さな努力

2018年05月15日 09時45分配信  ウートピ

ちょっとのコツで、日々の生活を豊かにしてくれる「人間関係」。でも、学校や職場で人間関係についてちゃんと教えてもらったなんて人は少ないのではないでしょうか。

そこで、第3回となる今回は、コミュニティの中で「ごきげん」を保つためのレッスンをお届けします。

「挨拶+α」ちょっとしたひと言をマメに伝えよう

人間関係がうまくいっている人には、いくつかの共通する習慣があります。「ごきげん」でいることもそのひとつ。逆にいうと、人間関係がうまくいかず、孤立しがちな人は、「不機嫌」になっている傾向が……。

今回は、コミュニティの中で「ごきげん」を保つために無理なくできて、効果が高い方法をお伝えしましょう。

まずは、ちょっとしたひと言をマメにかけ合うこと。身近な人との風通しがよくなると、安心して毎日が送れるというもの。「自分からは話しかけにくい」という人もいますが、「挨拶+α」なら、だれでもできるはず。「おはようございます。今日は天気がよくなりましたね」「最近、忙しいですか?」「週末のイベント、行かれました?」など、なんでもいいのです。

日常会話で意識したいのは、“質”より“回数”。他愛のない無駄話を交わしているうちに、相手は「気にかけてくれている」「認めてくれている」と感じて、自然に助け合ったり、深い話もできたりするようになります。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.