重い腰は上げなくていい。やりたい仕事を追求して札幌に住んだ編集者のお話/キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 重い腰は上げなくていい。やりたい仕事を追求して札幌に住んだ編集者のお話

重い腰は上げなくていい。やりたい仕事を追求して札幌に住んだ編集者のお話

2018年05月10日 18時10分配信  マイナビウーマン

重い腰は上げなくていい。やりたい仕事を追求して札幌に住んだ編集者のお話の画像:キレイスタイルニュース 重い腰は上げなくていい。やりたい仕事を追求して札幌に住んだ編集者のお話
「やらないほうがいいから、やってないんじゃないですか?」

勇気がないとか、行動力がないとかいう問題じゃない。

現状維持のほうがいいと思ったからやってないだけだったんだ。

なにか動かなきゃと焦るばかりの状態に、さらりと言ってのけた彼は、札幌と横浜で2つの仕事を手にした二拠点生活者だった。



葛原信太郎さんは横浜を拠点としてアースガーデン編集長を、札幌を拠点として暮らしかた冒険家のスタッフをしている。そのほか、さまざまなメディアでライターとして執筆を行っている。

がっつり編集業に携わっているように見える彼だが、実は新卒時代はシステムエンジニアだった。就職して1年後に会社を辞め、学生時代の友人と雑貨屋さんをはじめるも、経営が難しく1年ほどでたたむことになる。

「そのあと雑貨屋さんを営んでいたころに出店していた野外フェスの制作オフィスのアースガーデンに拾ってもらいました。フリーペーパーとウェブマガジンの編集とイベント制作を5年やりました。現在はフリーランスとして、アースガーデンの仕事を続けながら、札幌にも拠点を設け、暮らしかた冒険家のスタッフとして働いてます」



「学生時代に環境問題の啓発を発端にした100万人のキャンドルナイトというイベントに出会い、そのウェブや企画を担当していたのが暮らしかた冒険家でした。アースガーデンも環境問題の啓発に取り組んでいるので、実際に暮らしかた冒険家とお話しする機会もあって」

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.