オカルト好き注目! 「妖怪・ミイラ展」が名古屋で開催されるよ〜 / 人魚や河童のミイラに半人半牛の妖怪「件(くだん)」の剥製も登場/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. オカルト好き注目!

オカルト好き注目! 「妖怪・ミイラ展」が名古屋で開催されるよ〜 / 人魚や河童のミイラに半人半牛の妖怪「件(くだん)」の剥製も登場

2018年04月21日 08時45分配信  Pouch[ポーチ]

オカルト好き注目! 「妖怪・ミイラ展」が名古屋で開催されるよ〜 / 人魚や河童のミイラに半人半牛の妖怪「件(くだん)」の剥製も登場の画像:キレイスタイルニュース

“妖怪” や “ミイラ” など、ちょっぴりオカルトな世界に目がないみなさ〜ん! 2018年4月21日から5月13日まで、愛知県・名古屋PARCO西館8階パルコギャラリーで、「妖怪・ミイラ展 〜浮世絵から幻獣ミイラまで〜」が開催されますよ〜!


こちらの展覧会には、妖怪をモデルにした浮世絵や、人魚・河童・烏天狗などのミイラ。さらには日本で唯一の現存する「件(くだん)」の剥製も展示されるのだとか。


「件」とは、 “人” と “牛” から成る漢字そのまま、半人半牛の姿をした妖怪のこと。未来を予言し、その絵姿は厄除招福の護符になるとされているそうなので、足を運ぶだけでご利益が期待できるかも……!?


【浮世絵にミイラ…不思議な世界へようこそ〜】

展覧会の見どころは数あれど、やはりまず触れておきたいのは妖怪の浮世絵、そして奇妙な生き物たちのミイラです。


会場に並ぶのは、妖怪資料コレクターであり研究家として著名な湯本豪一さんが蒐集した国内最大級の妖怪資料「湯本豪一コレクション」の一部。


葛飾北斎による浮世絵「百物語 お岩さん」や「番町皿屋敷」。コレクションからの初の一般公開となる「百鬼夜行絵巻」、「神農化物退治絵巻」、「錦絵:白縫譚」、「茨木童子図名古屋帯」など珍しい作品ばかりが展示されるそうで、浮世絵も妖怪も大好きなわたしの胸はドキドキわくわく〜?


アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ