転落・誤飲・溺水!注意すべき事故に対して、実体験ママの予防策/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ママ
  5. 転落・誤飲・溺水!注意すべき事故に対して、実体験ママの予防策

転落・誤飲・溺水!注意すべき事故に対して、実体験ママの予防策

2018年04月20日 19時18分配信  パピマミ

転落・誤飲・溺水!注意すべき事故に対して、実体験ママの予防策の画像:キレイスタイルニュース 転落・誤飲・溺水!注意すべき事故に対して、実体験ママの予防策
こんにちは。メンタルケア心理士の桜井涼です。

子育てをしていると、思わぬ事故が起こり、ヒヤリとしてしまうことがたくさんあります。

先日も、子どもがベランダから転落するという事故がニュースで流れましたね。

育児中には気をつけなければならない点がいろいろあります。

そこで、今回は、体験談を元に、家庭内で気をつけるべき点をお話ししたいと思います。

●子どもの事故体験談

実際に起こった事故の体験談を伺ってきました。

その中でも事故発生頻度が多いと言われているものをご紹介したいと思います。

●転落

当時生後11ヶ月の長女は歩行器が好き で、乗せていると上機嫌でした。その日は2階の部屋に掃除機をかけるため、一緒に2階へ。階段には柵をし、簡単に開かないようにしていました。娘が廊下で歩行器に乗っているのを確認し、私は部屋の掃除機をかけていたところ、すごい音がして慌てて廊下に出たら、娘が歩行器ごと1階に落ちていました 。生えかけた前歯が2本折れてしまいました。(49歳:4児のママ)

その後:柵の鍵を交換、歩行器は1階のみで使用することにしたそうです。

●溺水

息子(当時1歳)と入浴していたときです。息子を洗い終わり、お風呂で使える浮き輪(浮き輪の真ん中に足を入れる穴が2つ開いているもの)に入れました。私もさっと頭を洗えるようにと購入したものです。息子を浮き輪に入れたところ、大喜びしていましたので、私も一瞬目を離して頭にシャワーを当て、顔を上げた途端、叫んでしまいました 。息子は頭と足が反対になっていたのです。慌てて抱き上げました。息子は大泣きでした。すぐに受診し、大事がないことに安堵しました。少し水を飲んだだけで済んで本当に良かったです。(39歳:2児のママ)

アクセスランキング

ママの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.